遠野なぎこ、“我が家がボロボロに”吐露。「お写真、衝撃的です」「何と!?これはママ、ショックだね」

俳優の遠野なぎこさんは6月14日、自身のInstagramを更新。家がボロボロになっていくと明かし、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:遠野なぎこさん公式Instagramより)

俳優の遠野なぎこさんは6月14日、自身のInstagramを更新。家がボロボロになっていくと明かしました。

【実際の投稿:遠野なぎこ、家がボロボロに……?】

「ありゃ〜これはショック」

遠野さんは「我が家がボロボロになっていく」とつづり、写真を1枚載せています。寝室の写真です。「朝目が覚めたら、ベッドはボロボロ。お布団もこんな。こちらにも貼ってあった、悠くん&蓮くんの巨大ポスターはこの通りの有様」と、部屋の様子を報告しています。

続けて「愛する末っ子の仕業」と明かし、「やっぱり、ママ複雑」「#ママは耐えるのみ」「#これも母業」と吐露。愛猫の愁くんの仕業だったようです。

コメントでは、「母、お疲れ様です」「あらら~」「何と!?これはママ、ショックだね」「派手にやらかしましたね」「ありゃ〜これはショック」「お写真、衝撃的ですね」「これはショックですねー」「なぎちゃん大変だったね」など、さまざま声が上がりました。

ポスターがボロボロに

同日の別投稿では、壁に貼ってあるボロボロになったポスターを公開していた遠野さん。“息子”だからこそ、遠野さんの複雑な気持ちがよく伝わってきます。成長するにつれて、やんちゃな性格が落ち着くといいですね。
 
次ページ
遠野さんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴