「再出発」遠野なぎこ、“再びママ”に! 叩かれるかもしれない写真と共に報告「今日から生き直すんだ、私は」

俳優の遠野なぎこさんは3月31日、自身のInstagramを更新。叩かれるかもしれない写真を公開し、“ママ”になった自身の思いを吐露しました。(サムネイル画像出典:遠野なぎこさん公式Instagramより)

俳優の遠野なぎこさんは3月31日、自身のInstagramを更新。叩かれるかもしれない写真を公開し、さまざまな思いも語りました。

【実際の投稿:遠野なぎこ、自身の思いを吐露】

「なぎこさんの再出発に拍手を贈りたいです」

「本音」と題し、「私、本当はすっごく辛かったの」と自身のつらい思いを語り始めた遠野さん。「目一杯踏ん張ってたの。結構、ギリギリだったの。こんな写真載せちゃ、また叩かれるかもしれないけどもうそんなのどうでもいい。これが真実の姿だから」と吐露し、涙を流す顔の写真を載せています。

同日の別投稿で、ペットショップへ行き、新しい家族を迎え入れることを報告していた遠野さんですが、その件で涙を流しているようです。遠野さんは約4年前に当時の家族である“悠くん”を看取っていました。「再びママになる決断をして。漸く心が解放された。深い深い溜息がつけた」と、泣いている姿は「心が解放された」瞬間だったのでしょう。

続けて「もう、自分だけの人生じゃなくなったから。雑に生きる事は許されない」と宣言。「別にね、恋愛を捨てたとかそういう事を宣言している訳じゃないの。だけど本当に大切なものは、家族。何より大切な存在は、愁くん。私は人間は愛せないけれど、ニャンさんへの愛だけは誰にも負けません」とのことです。

コメントでは、「思いのままでいいよ。わかってるし伝わってる。1人で無理しないでいいよ」「猫好きに悪い人はいない」「心が綺麗な方だと思います」「キレイな涙です!頑張ってた人の涙です!」「優しいなぎママ」「なぎこさんの再出発に拍手を贈りたいです」など、温かい声が多数寄せられました。

「今日から生き直すんだ」

その後の投稿では「ママ、頑張ってます」と、“息子”を迎え入れるためにキャットタワーを設置する姿を見せたり、遊び道具の写真を公開したりしています。本日10時ごろの投稿ではいよいよ「お迎えまで、あとちょっと」と報告し、「今日から生き直すんだ、私は。希死念慮が何だ。負けないぞ。家族を、息子を守るんだ」と強い決意をあらわにしました。
 
次ページ
遠野さんの一連の投稿を見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化