「痩せたくない」遠野なぎこ、過去最低体重を報告も「頑張って食べるんだ。愛息の為に」と決意

俳優の遠野なぎこさんは4月5日、自身のInstagramを更新。過去最低体重になったことを報告しましたが、ファンからは温かい声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:遠野なぎこさん公式Instagramより)

俳優の遠野なぎこさんは4月5日、自身のInstagramを更新。過去最低体重になったことを報告しました。

【実際の投稿:遠野なぎこ、過去最低の体重を報告】

「体重コントロール難しいですよね」

「過去最低体重」と報告した遠野さん。「泣きたくなった。頑張ってたつもりなんだけど。悔しいな」と、つらい心境を吐露しています。投稿に載せた1枚の写真は「スーパーの蒟蒻のお惣菜と自家製ぬか漬けキュウリ」とのことです。

続けて、「頑張って食べるんだ。愛息の為に」と決意をあらわに。「#痩せたくない」「#息子が生き甲斐」などとハッシュタグも付け、悲痛な思いが伝わってくるようです。

コメントでは、「なぎさんの姿間違いなく母の姿」「体重コントロール難しいですよね」「体重、少しずつ増えるといいですね。あんまり悲観しないでくださいね」「体重が増えないの悩みますよね…気持ち分かります」「きっと乗り越えられると思います」「なぎこさんのペースでいいんですよ」と、温かい声が多数寄せられています。

愛猫をお迎え

1日の投稿でいよいよ愛猫をお迎えしたことを報告した遠野さん。「息子」とは愛猫「愁くん」のことです。それ以来、愁くん関連の投稿が多数を占めるようになりました。遠野さんは今は大変なときかもしれませんが、今後を温かく見守りたいですね。
 
次ページ
遠野さんの最新ショットや「息子」ショットなども見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応