「摂食障害のリアル」遠野なぎこ、体重2キロ増の目標を明かす。「励まされました」「素敵です」の声

摂食障害を患っている俳優の遠野なぎこさんが、1月2日に自身のInstagramを更新。年始の目標を報告し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:遠野なぎこさん公式Instagramより)

俳優の遠野なぎこさんが、1月2日に自身のInstagramを更新。年始の目標を明かしました。

【実際の投稿:遠野なぎこ、“摂食障害のリアル”を告白】

「増やしていく努力はきちんとお見せしたい」

10代から摂食障害と闘っていることを公表している遠野さんは「皆さんこんばんは、遠野なぎこです」とつづり、鮮やかな朱色の重箱の写真を公開。続けて「お正月の目標.2キロ増」と、年始の目標を明かしました。

「どうにか、年末に更に落ちてしまった体重を戻したいなと」「ちゃんと少しずつ元に戻らないと自分で自分の首を絞める結末になるのは目に見えているから」と、現在の状況を説明した遠野さん。さらに「増やしていく努力はきちんとお見せしたい」「“増やしていく”って、怖いし正直とても勇気がいる事なんだけど…これも“摂食障害のリアル”だと思うから、隠したくない」と、赤裸々な心境も明かしています。

ファンからは「すべて受けとめます」「私もなぎこさんと一緒に体重増やしたい!がんばるよ〜」「励まされました」「目標達成無理なく頑張りましょう」「素敵です」など、さまざまなコメントが寄せられました。

現在の姿を動画で公開

遠野さんは3日にもInstagramを更新。鏡越しに撮影した自撮り動画で、変わらない美しさが伝わる姿を載せています。気になった人はぜひチェックしてみてください。
  【遠野なぎこさんの著書をチェック!】
次ページ
遠野なぎこさんの自撮り動画も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化