2024年に結婚した好きな有名人夫婦ランキング! Hey! Say! JUMP・有岡大貴×松岡茉優を抑えた夫婦は?

全国500人に聞いた、2024年に結婚した「好きな有名人夫婦」ランキング! 6月7日に結婚を発表した「Hey! Say! JUMP・有岡大貴×松岡茉優」を抑えたのは? (サムネイル画像出典:松岡茉優さんの公式Instagramより)

All About ニュース編集部は、全国10〜60代の500人を対象に、「2024年6月までに結婚した有名人」に関する独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2024年6月11〜13日)。今回は、その結果から2024年に結婚した「好きな有名人夫婦」ランキングを発表します。
 
>10位までの全ランキング結果を見る

4位:Hey! Say! JUMP・有岡大貴(俳優)× 松岡茉優(俳優)

4位は、6月7日に結婚を発表した、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバーで俳優の有岡大貴さんと、数多くのドラマや映画に出演している俳優の松岡茉優さん夫婦。有岡さんは「Hey! Say! JUMP」グループ初の既婚者となりました。

回答者からは、「2人ともテレビでも飾らない姿で自然体な感じだから(20代女性/大阪府)」「夫婦共にかわいらしい雰囲気で、応援したくなる2人(30代女性/滋賀県)」「2人とも雰囲気が似ていて可愛くて微笑ましい感じがするので(40代女性/広島県)」などの声が集まりました。

3位:山田裕貴(俳優)× 西野七瀬(俳優)

3位は、3月31日に結婚を発表した、山田裕貴さんと西野七瀬さんとの人気俳優夫婦。2021年放送のテレビドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系)で共演し、共通の趣味であるオンラインゲームで交流を深めたのだそうです。

回答者からは、「西野七瀬ちゃんは乃木坂46の時からファンでした。山田裕貴くんは天然で面白いので好きです(30代女性/神奈川県)」「推しと推しだから大好き(30代女性/福岡県)」「もともと個別に好きなふたりだったので結婚してくれて嬉しいです(40代女性/神奈川県)」などのコメントが寄せられました。

2位:高橋一生(俳優)× 飯豊まりえ(俳優)

2位は、5月16日に結婚を発表した、俳優の高橋一生さんとモデルで俳優の飯豊まりえさん夫婦。2020年放送の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ(集英社)のスピンオフドラマ『岸辺露伴は動かない』(NHK)で高橋さんは主人公の岸辺露伴を、飯豊さんはヒロインの泉京香役を演じました。

回答者からは、「ドラマを見ていたから。また共演してほしい(40代女性/大阪府)」「2人の演技が大好きだから(30代女性/埼玉県)」「演技がふたりとも素晴らしいで((30代女性/埼玉県)」「すごく自然体でお似合いだと思う(60代女性/岐阜県)」などのコメントが寄せられました。 

1位:大谷翔平(野球選手)× 田中真美子(元バスケットボール選手)

1位は、ロサンゼルス・ドジャース所属の野球選手・大谷翔平選手と元バスケットボール選手の田中真美子さん夫婦。2月29日に大谷選手が自身のInstagramにて電撃結婚を報告すると、日本中が驚きと喜びの声であふれました。

回答者からは、「気取っていなくて自然な爽やか夫婦だから(40代女性/神奈川県)」「夫婦で並んでいる姿を見ると幸せな気持ちになるから(20代女性/神奈川県)」「2人とも自分の専門を極めていて、メディアへのスタンスに好感が持てるから(30代女性/東京都)」「世間への発表、お披露目の仕方もスマートで好感を持てました(50代女性/広島県)」などのコメントが寄せられました。
 
※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない