「老後を過ごしたい」と思う都道府県ランキング! 2位「東京都」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~70代の500人を対象に「都道府県のイメージ」に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では「老後を過ごしたい」と思う都道府県ランキングを紹介します。

老後
老後を過ごしたい都道府県は?
All About ニュース編集部は5月30日~6月3日、全国10~70代の500人を対象に「都道府県のイメージ」に関する独自のアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「老後を過ごしたい」と思う都道府県ランキングを紹介します!

>17位までの全ランキング結果を見る

2位:東京都

2位は「東京都」でした。東京都は2013年3月に、健康寿命の延伸と健康格差の縮小を目的とした「東京都健康推進プラン21」を策定。生涯にわたって健やかで心豊かに暮らせる社会を実現するため、生活習慣病の予防や生活習慣改善を推進しており、老後を過ごすのに適した環境整備が進められているといえそうです。 

回答者からは「社会的なインフラが整っていて、医療や福祉が充実していそうだから」(50代女性/埼玉県)、「都会の洗練さや街の雰囲気を味わいたい」(50代男性/兵庫県)、「交通アクセスがいいので、年老いて車の運転ができなくなっても生活するのに困らないと思うから」(20代女性/和歌山県)などのコメントがありました。

1位:沖縄県

1位は「沖縄県」でした。沖縄はおおらかな県民性や他県にはないビーチリゾートのイメージで、多くの人にとって「いつかは住んでみたい」憧れの地。心穏やかにのんびりとセカンドライフを過ごしたい意見が多いようです。

回答者のコメントを見ると「スローライフでゆっくりと過ごせるから」(50代男性/神奈川県)、「あれだけ天国にいちばん近いまちはないからです」(40代男性/北海道)、「1年中、暖かいところでゆっくり余生を楽しみたいです」(40代その他/富山県)といった声がありました。

※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
17位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない