香川沙耶、2年前の円形脱毛症を告白。「意味のある経験」「自分に優しさが足らなかった」

“10頭身モデル”として知られる香川沙耶さんは6月9日、自身のInstagramを更新。過去に円形脱毛症を発症したことを告白しました。(サムネイル画像出典:香川沙耶さん公式Instagramより)

“10頭身モデル”として知られる香川沙耶さんは6月9日、自身のInstagramを更新。過去に円形脱毛症を発症したことを告白し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:香川沙耶、2年前の円形脱毛症を告白】

ファンからは「パーソナルな勇気のいるシェア」の声

香川さんは「少し前のそれほど大きな出来事ではないけど、わたしにとっては意味のある経験をシェアさせてください」とつづり、4枚の写真を投稿。続けて「もうちょっとでちょうど2年前になるかな。今までにないはじめての形で身体が『無理しないでね』のサインを出してくれました。500円玉よりもちょっと大きな円形脱毛症になりました」と、2年前に円形脱毛症を発症していたことを明かしました。3、4枚目には当時、実際に脱毛した箇所の写真を掲載。後頭部の一部が脱毛しているのが分かります。

「気づきにくい位置というのもあり自分では気づかずいたら、プライベートでもお仕事でもよく一緒にいる仲良しのメイクさんが『さや、毛が抜けてるよ』って言ってくれたのはファッションショーのお仕事の日でした」と、症状に気づいた時のことを振り返った香川さん。その瞬間は「本番前なのに涙が止まらなくなった」と言います。「身体に出てしまうほど『何かに負けてしまった』感覚『自分との戦いに負けてしまった』感覚がとんでもなく悔しくて」「生きていれば悩みも問題もあるそれすら楽しんじゃおう!って思って生きるタイプなので、それができていないって思うと本当に悔しかった」と、理想通りに生きられていない自分にいらだちを感じてしまったとか。

しかし、その経験から学べたこともあったようで「自分がどんな人なのか誰よりも自分を把握し、自分の心や気持ちの変化大小関係なくしっかり向き合うこと」「常に自分にベクトルを向けて生きるのはいいことだけど、向けすぎない。なんでも適度に、バランス」と、つづっています。そして「つまりなにが伝えたいかというと、たまに『自分に優しくしてもいいんだよ』ってこと。きっとあの時のわたしは、ただただ自分に優しさが足らなかったんだ。自分に厳しすぎて、時々自分に優しくするのを忘れてませんか?」と、この投稿を読んだ人へのメッセージを送りました。

ファンからは「パーソナルな勇気のいるシェアをしてくださりありがとうございます」「とてもびっくりしました」「人前に出る大変なお仕事だけど、無理せず楽しんでね」「自分のこころを大事にしようと思えました」などのコメントが寄せられています。

普段は華やかなイメージの香川さん

普段は海外で撮影した写真やトレーニング中の様子などを公開し、華やかなイメージのある香川さん。自身が直面した経験を告白したことで、勇気づけられた人も数多くいたようです。今後もすてきな投稿を期待したいですね。
 
次ページ
普段のInstagramの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化