「前後がヤバかった」遠野なぎこ、突然の“告白”に「それは辛かったですね」「みんな怒ったりしません」温かい声殺到

俳優の遠野なぎこさんは1月14日、自身のInstagramを更新。とある“告白”をし、ファンからは温かい声が寄せられています。(サムネイル画像出典:遠野なぎこさん公式Instagramより)

俳優の遠野なぎこさんは1月14日、自身のInstagramを更新。とある“告白”をしました。

【実際の投稿:遠野なぎこ、“告白”に反響】

「なぎさんもっと気楽に過ごしてください」

遠野さんは「『“告白していい?”』」とつづり、「実は、昨日のインスタライブ。めちゃくちゃ、体調不良だったの」と報告。続けて「皆んな心配して怒ると思って言えなかったの」と、インスタライブ中に体調不良を言えなかった理由を明かしています。「強行突破してゴメンなさい」と謝罪しつつ、「ライブ中は全然平気だったの。前後がヤバかった」とも明かしました。また「で、今日は今日でメンタル含め起き上がれん。この時間まで、食べられん」とのことで、まだ体調は良くないようです。

コメントでは、「無理せず、休んでも良いんだよ」「他人のことなど気にせず無理しないでまずは自分を大事にしてください」「なぎさんもっと気楽に過ごしてください みんな怒ったりしません」「誰も怒る人なんてここにはいないよ!」「わがまま言っていいんだからね」「なぎこさんそれは辛かったですね」など、温かい声が寄せられています。

13日のインスタライブ

遠野さんが「前後がヤバかった」と明かした13日のインスタライブは、現在も見ることができます。ライブ中は笑顔を見せているものの、本当はつらかったのだと思うと心配になりますね。早く遠野さんの体調が治りますように。
  【遠野なぎこさんの本をチェック!】
次ページ
遠野さんのインスタライブも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化