「本当に情けない」まふまふ、コレコレ生配信で90分にわたる号泣告白。DV・モラハラ疑惑は「見当違いもいいとこ」完全否定

有名歌い手と、世界スパチャランキング2021では“約2億円”を獲得し、1位に君臨した女性VTuber。法廷まで持ち込まれた元夫婦の泥沼争いに、夫だったまふまふさんがコレコレさんの生配信で語った内容とは。(サムネイル画像出典:まふまふさん公式Instagramより)

歌い手でシンガーソングライターのまふまふさんが1月27~28日にかけて配信された、YouTuberで配信者のコレコレさんのYouTube Liveに出演しました。
 

【実際の動画:まふまふ、コレコレ生配信で胸中を吐露】

「何でこんなことになるんだろう」

まふまふさんは26日、自身の公式ブログ上で2022年2月にホロライブとの契約を終了した女性VTuber・潤羽るしあ(現在は「みけねこ」として活動)さんと婚姻関係にあったことを公表。2021年12月に結婚、2022年7月に協議離婚し、現在は元妻であるみけねこさんを相手取り、訴訟中であることを明かしました。
 

騒動渦中のまふまふさんはコレコレさんのYouTube Liveに出演し、うわさされているDVや浮気疑惑を「見当違いもいいとこ」と、一切否定。コレコレさんから、火種となった『女性セブン』(小学館)にリークしたのは、まふまふさんではないか? という質問も。というのも、12日から放送が開始されたアニメ「名湯『異世界の湯』開拓記 ~アラフォー温泉マニアの転生先は、のんびり温泉天国でした~」(TOKYO MXほか)では、みけねこさんが恋糸りあ名義で声優デビューを果たし、さらに2023年12月には2024年春にポニーキャニオンよりアーティストとしてデビューすることが発表されており、相手に打撃を与えるにはタイミングが良すぎたのです。しかし、まふまふさんは「全力で否定。一切違います」と、こちらも否定。本当は裁判が終わり、全てが明るみになったタイミングでこの情報を出したかったと話し、「何でこんなことになるんだろう」と漏らしました。
 

2人が同居するためにまふまふさんが購入した新居に、なぜみけねこさんだけ住んでいたのかという質問には、「一緒に住まないでくれと言われたから」と、みけねこさん側が同居を拒否したとも発言。退去後の玄関前の様子や、シューズクローゼット前の写真も公開されています。同時に、ネット上で話題になっているみけねこさんのペットについても、飼育環境などについて言及しました。

「話しますわ、もう」突然、声を上げたまふまふさんに視聴者もヒヤリ

生配信中に突然、「ちょっと……」「話しますわ、もう」と声を上げたまふまふさん。クリスマスが入籍日だったと明かし、記念日を祝うために2泊3日で宿泊先を予約していたそう。ケーキやプレゼントを用意して待っていたものの、みけねこさんが来たのは日付を回った頃で、明け方眠さに襲われ寝てしまったところ、怒ったみけねこさんはプレゼントもそのままに帰ってしまったとか。そして二股疑惑がかかっているB男さんに「年末遊びませんか?」という主旨の連絡をみけねこさんがしていたと話し、「これ、入籍直後っすよ」と吐露。
 

続けて、2021年12月の『第72回NHK紅白歌合戦』に出演した際の裏話も披露。女性出演者が多いため、新しい出会いの場になるのでは? と浮気を懸念されたため、「楽屋に空気膨らませて寝るベッドみたいなのを運んで楽屋で過ごしてた」そう。『蛍の光』歌唱後は、舞台の袖からステージを後にしたまふまふさんはその足でタクシーに乗車して帰宅。雑煮を作ってみけねこさんの帰りを待っていたと明かしました。

初公開の話題も話す

また、この生配信で初公開となる話題も。みけねこさんと共通の友達である作曲家が2人の仲裁に入ったことがあったが、一方的にまふまふさんが悪いと2人から責められた過去を告白。その後、離婚協議中に実はその作曲家がみけねこさんの元交際相手で、みけねこさんから「私が悪いように言わないでほしい」と言われていたことが発覚したそうです。
 

コレコレさんとの通話は約90分。こみ上げる感情を抑えきれずに号泣したり、顔を自身の手でたたく様子なども収められています。まふまふさんは、「本当情けない」「視聴者にうそをついた」「一生忘れないで生きていこうと思います」と配信内でファンに向けて謝罪も。
 

配信を聞いた視聴者からは、「まふまふは優しすぎた」「モラハラ彼氏を思い出して泣いた」「悲しくて心が痛くなった」「幸せになってほしい」など、温かい声が寄せられました。しかし、この生配信を聞いていたみけねこさん。28日夜、沈黙をやぶりついに声明を出しました。彼女は何を語ったのか。こちらも併せて、ぜひチェックを。
 

次ページ
まふまふさん、自身のツイキャスでファンへ謝罪
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始