スラムダンクの「赤木剛憲」を演じてほしい芸能人ランキング! 1位「鈴木亮平」、では2位は?

All About ニュース編集部では、『スラムダンク』についてのアンケート調査を行いました。この記事では、スラムダンクの「赤木剛憲」を演じてほしい芸能人ランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像:鈴木亮平さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は2024年3月15日~5月16日、全国10~50代の男女129人を対象に「スラムダンクの実写化」に関するアンケート調査を行いました。この記事では、「『スラムダンク』の赤木剛憲を演じてほしい芸能人」ランキングを紹介します!

>3位までの全ランキング結果を見る

2位:関口メンディー

2位にランクインしたのは、「関口メンディー」さんでした。

2012年にGENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーとしてデビューし、卓越したダンススキルで人気を獲得。明るいキャラクターでバラエティ番組でも活躍し、幅広い世代から支持されています。

身長が高く、芸能界でも有数の運動神経の持ち主として有名。過去には、赤木と似ている髪形をしていたこともあり、ピッタリのキャスティングになりそうです。近年では俳優としても活躍している関口さんは、グループの脱退や所属事務所の退社を発表して世間を騒がせたばかり。知名度も抜群で、赤木役を演じることになれば大きな話題になりそうです。

回答者からは、「体格とか髪型とか限界まで似せることが出来そう」(20代女性/北海道)、「ゴリっぽくて熱い演技が良さそう」(30代女性/沖縄県)、「高い身体能力とインパクトがある髪型とゴツイ体系がよく似ている」(50代男性/広島県)などの意見が寄せられました。

1位:鈴木亮平

1位にランクインしたのは、「鈴木亮平」さんでした。

『レガッタ〜君といた永遠〜』(朝日放送/テレビ朝日系)で俳優デビューすると、鍛え上げた肉体で出演した映画『HK 変態仮面』で注目を集めます。ほかにも漫画原作の映画『俺物語!!』では30キロ増量するなど、本格的な役作りをすることで有名。主演を務めたNHK大河ドラマ『西郷どん』でも、視聴者が納得するキャラクターを作り上げて高い評価を得ました。

さまざまな作品に出演している鈴木さんは、2024年4月には『シティーハンター』(Netflix)で主演・冴羽獠を担当。徹底的に作り込まれた肉体美とアクションが話題となり、大ヒットを記録しています。身長が186センチもあるので赤木役も務められそうで、どんな役作りをしてくれるのか見てみたいと思わせてくれる俳優です。

回答者からは、「役作りの本気度が俳優界随一だと思うので、体型やキャラクター作り含めて本気で取り組んでくれそう」(20代男性/埼玉県)、「筋肉質な堀の深い男性だとこの人を思い浮かべました」(30代女性/新潟県)、「あの体つきといかつさ、年上な雰囲気を出せそう」(30代女性/北海道)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
3位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは