スラムダンクの「桜木花道」を演じてほしい芸能人ランキング! 2位「鈴木亮平」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部では、「スラムダンクの実写化」に関するアンケート調査を実施しました。この記事では、スラムダンクの「桜木花道」を演じてほしい芸能人に関するランキングを紹介します。(サムネイル画像:鈴木亮平さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は2024年3月15日~5月16日、全国10~50代の男女129人を対象に「スラムダンクの実写化」に関するアンケート調査を実施。今回は、「『スラムダンク』の桜木花道を演じてほしい芸能人」ランキングを紹介します!

>3位までの全ランキング結果を見る

2位:鈴木亮平

2位は「鈴木亮平」さんでした。

2006年に、日本の水着業界で初のキャンペーンボーイに抜てきされ、その後に『レガッタ〜君といた永遠〜』(朝日放送/テレビ朝日系)で俳優デビュー。映画『HK 変態仮面』などで注目を集め、NHK大河ドラマ『西郷どん』では主演を担当しています。

話題作に数多く出演する鈴木さんは、漫画原作の映画『俺物語!!』では役作りのために30キロ増量するなど本格派俳優として活躍。直近では、Netflix作品の『シティーハンター』で主演・冴羽獠を演じ、肉体美が話題を集めたばかりです。身長が高い鈴木さんなら、桜木花道役がピッタリでしょう。

回答者からは、「身長や体格などが似ていると思うから」(20代女性/北海道)、「特徴が似ているため。演技力もあるのでうまく演じてくれそう」(30代女性/香川県)、「赤い髪も似合いそうです」(40代女性/北海道)などの意見が寄せられました。

1位:賀来賢人

1位には「賀来賢人」さんがランクインしました。

2007年に映画『神童』で俳優デビューすると、映画やドラマだけでなく舞台でも活躍。演技派として知名度を上げ、NHK連続テレビ小説『花子とアン』や、NHKの大河ドラマ『花燃ゆ』の演技で注目を集めます。

そんな賀来さんは、人気漫画が原作の『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で主人公の三橋貴志を担当。魅力的なキャラクターを作り出し、作品は大ヒットを記録します。近年では話題作への出演が多く、主演・原案を担当したNetflix作品『忍びの家 House of Ninjas』は世界的な評価も獲得。7月からは『錦糸町パラダイス〜渋谷から一本〜』(テレビ東京)で主演を務める予定です。漫画原作の実写化の経験も多く、桜木役もていねいに演じてくれそうです。

回答者からは、「ヤンキー役が似合う」(50代女性/東京都)、「『今日から俺は!!』の実写で主人公を演じたのを見て桜木のヤンキーさ、おちゃらけさ、熱いシーンなどすべてこなせそう」(20代女性/群馬県)、「コミカルな演技も真面目に決める演技もこなせる俳優さんなので」(40代男性/埼玉県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
3位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化