ブレイキングダウンのレフェリー、余命2カ月のステージIVがんと告白。次回大会を辞退「これ以上手立てがありませんと告げられ」

BreakingDownの公式レフェリーを務める鬼木貴典さんが、がんにおかされ余命2カ月だと衝撃の告白をしました。(サムネイル画像出典:鬼木貴典さん公式Xより)

総合格闘技エンターテインメントBreakingDownの公式レフェリーを務める鬼木貴典さんが5月18日、自身のX(旧Twitter)を更新。「次回大会のブレイキングダウンのお仕事を辞退させて頂くことになりました」と、発表しました。
 

【実際の投稿:ブレダウ・レフェリー鬼木、余命2カ月と告白】

「レフェリーに必要な機敏な動きが出来なくなりました」

鬼木さんは辞退の理由を「ステージ4の癌」と明かし、「病状が悪化し足が思う様に動かなくなり、サイドステップ、バックステップなどレフェリーに必要な機敏な動きが出来なくなりました。今は筋肉が日々減少し歩くだけでも身体に激しい痛みが走ります」と、現在の状況を報告。
 

続けて、「医師からもこれ以上手立てがありませんと告げられ、医師から告げられた余命も残り2ヶ月をきりました」と告白しました。自由診療も考えたそうですが「1000万円以上かかる」ようで、「治るかもわからない病気に、そして私がこの世からいなくなった後に家族に迷惑をかけるわけにはいかないもいかない」「自分の運命を受け入れ、治療を続けること断念しました」と、語っています。
 

また、「自分が生涯をかけて携わってきた格闘技やBreakingDownのオーディションを見ていると、こんな状況でも心が安らぎます」「本当にやりがいのある仕事でした。本音では次の大会もレフェリーをやりたかったので残念です」と吐露しました。
 

コメントには、「最高のレフェリーでした」「必ず戻ってきて」「ボクシングの竹原さんもステージ4から完全復活したので希望を捨てないで」「格闘技ファンが一致団結する時」などの声が上がり、大きな反響を呼んでいます。また、「こういう時クラファンとか意義あるのでは」「この方の治療費に回るのであればPPV買います!」「クラファンを是非お願いします」と切望するファンも続出しました。

ファンへ感謝。コメントが力に

翌19日、鬼木さんは「溝口さん、海さんがお忙しい中、私の自宅まで来てくれました」と明かし、「BreakingDownのファンの皆様の励ましのコメントも力になっています。ありがとうございます」と感謝の言葉をつづりました。なお、「BreakingDown 12」は6月2日、アリーナ立川立飛(東京都立川市泉町)で開催予定です。
 

次ページ
5月19日の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは