ヘラヘラ・まりな、「魔法にかかるお姫様」なウエディングドレス姿に「ほんっとうに綺麗」と反響!

2023年8月に結婚を発表したヘラヘラ三銃士のまりなさんが、結婚式でのウエディングドレス姿を公開し、「リアルプリンセス!」と話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:まりなさんInstagramより)

女性3人組YouTuberのヘラヘラ三銃士・まりなさんが5月13日、自身のInstagramを更新。「5月10日無事結婚式が終わりました」と、ファンへ報告しました。
 

【実際の投稿:ヘラヘラ・まりな、結婚式ショットを公開】

ウエディングドレスのデザインは、益若つばささん

約170人が参加したという結婚式を終えたまりなさんは、「本当に幸せな1日になりました 今回はナイトウエディングだったので晩餐会ぽくしました テーマは魔法にかかるお姫様的な感じ」とつづり、9枚の写真を披露。ウエディングドレスやカラードレスに身を包んだまりなさんのソロショットのほか、式場内の様子の写真などが公開されました。
 

ドレスについてまりなさんは、「ずっと夢だった益若つばささんにデザインを考えていただきました」と明かし、「製作期間の約半年間、、!ありがとうございました」と、感謝の言葉を述べています。また、「東京のお母さん」という料理家の杉山絵美さんとは、「去年の10月辺りからずっと一緒に式場も回っていただき打ち合わせも毎回来ていただき」と、結婚式の裏話を披露しました。
 

ファンからは、「シンデレラだ」「ほんっとうに綺麗」「可愛いすぎる」「リアルプリンセス!」「世界一幸せになって」と祝福の声が相次いでいます。

「また綺麗なの載せます」

投稿で、「後撮りも今からなのでまた綺麗なの載せます」「あとはYouTubeお楽しみに」と告知もしていたまりなさん。どのようなウエディングフォトに仕上がるのか、とても楽しみですね! 
 

次ページ
まりなさんのSNS投稿をもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」