ヘラヘラ三銃士・まりな、結婚6カ月の夫とのわがまま生活明るみに。「捨てられるよ」「旦那さんの優しさが持つのも時間の問題」

2023年8月に結婚を発表したヘラヘラ三銃士のまりなさん。YouTubeで夫も出演し、まりなさんのわがまま結婚生活が明るみになりました。(サムネイル画像出典:「ヘラヘラ三銃士」)

女性3人組YouTuberのヘラヘラ三銃士が2月20日、自身のYouTubeチャンネル「ヘラヘラ三銃士」で動画を公開。2023年8月に結婚発表したメンバー・まりなさんの夫に甘えた結婚生活が明るみになりました。
 

【実際の動画:ヘラヘラまりな、夫登場でわがまま結婚生活明かす】

話し合いがヒートアップ、夫へ突進も……

動画ではありしゃんさんが裁判長として登場。まりなさん、まりなさんの夫双方の言い分を聞きます。今回、まりなさんの夫は“被害者”として登場しており、結婚当初から度重なるわがままな行動 そしてヒステリックな言動で夫の心を疲弊させたというのが“起訴状”の内容です。よく見るとまりなさんの左手には包帯が。将来について2人で話し合いをしていると、まりなさんの口調が荒くなるなどヒートアップし、夫に突進してきたそう。夫がまりなさんの突進をよけた結果、まりなさんは止まれずに壁へ指を打ち付け、けがを負ったんだとか。

夫が抱くまりなさんへの不満はほかにも。洗濯物は裏返しのまま。家事の分担において、「掃除機かけて」とお願いしても「ここ半年で見てない」ので、ちゃんと掃除機をかけてほしい。2023年12月の早朝5時頃、飲み会から帰宅したまりなさんが夫を起こし、「春木開持って帰ってきた」と起こされたというエピソードも披露。実際には「持って帰ってきた」わけではなく、酔っぱらったまりなさんを春木さんが送り届けたとのことですが、酔っぱらってテンションが上がっているまりなさんはその後、1時間にわたり大声でブルーノ・マーズさんの曲を熱唱。「大人しく寝てくれたらいいのに」と夫はこぼします。

夫に甘えた生活が露呈

ほかにも買い物は行かない、ご飯は全く作らない、おなかが空いたら夫に作ってもらう、お風呂上りに髪の毛を乾かしてもらうなどなど。夫にかなり甘えている様子がうかがえます。また、深夜にNeflixを一気見してしまって撮影に遅刻することもあるとか。裁判長を務めたありしゃんさんからは、「Neflix、テレビ、全て差し押さえ」という判決が下りました。
 

コメント欄では、「旦那さん心広い人でよかった」「お互い大事にしてくださいね」「グループで旦那さんの悩みも寄り添ってていい関係」と温かい声が上がった一方、「そのままだと普通に捨てられるよ」「旦那さんの優しさが持つのも時間の問題」「度が過ぎるとほんとに不倫とか離婚になるから気をつけた方がいい」と、まりなさん夫婦を案じる声も寄せられました。
 

次ページ
まりなさんの新居紹介動画もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も