世界的ピアニストのフジコ・ヘミング氏、92歳で4月に死去。すい臟がんと確定診断され療養中【全文掲載】

「フジコ・ヘミング オフィシャルサイト」にて5月2日、ピアニストのフジコ・ヘミングさんの死去が公表されました。(サムネイル画像出典:「Fuzjko Hemming フジコ・ヘミング【公式】ch」より)

「フジコ・ヘミング オフィシャルサイト」が5月2日、ピアニストのフジコ・ヘミングさんの死去を公表。92歳でした。

【実際の投稿:フジコ・ヘミングさん、死去のお知らせ】

「4月21日に容態が急変し、神の御許に旅立たれました」

同サイトに「ファンの皆様ならびに関係者の皆様へのご報告」と題された文章がアップされています。フジコ・ヘミングさんはすい臓がんと確定診断され、療養を続けていたようですが、4月21日に92歳で亡くなったとのこと。

以下に発表文の全文を掲載します。

日頃より暖かいいご文援ご厚情を頂き心より御礼申し上げます。
フジコ・ヘミング(本名:ゲオルジー・ヘミング・イングリット・フジコ、GEORGII HEMMING INGRID FUJIKO)は、2024年4月21日未明、92年の生涯を終え、永眠いたしましたことを謹んでご報告申し上け゚ます。

2023年11月に自宅で転倒した後、一日も早い復帰を目指し治療とリハビリに励み順調な経過をたどっていたところ2024年3月におこなった検査の結果すい臟がんと確定診断され療養を続けておりましたが、4月21日に容態が急変し、神の御許に旅立たれました。

葬儀はフジコ・へミング本人及び親族の遺志により、近親者のみですでに執り行い、とても美しく穏やかな表情での旅立ちでした。

診断後は、皆様に心配をかけたくないという本人の希望により公表は差し控えさせて頂いておりました。公演を楽しみにして頂いていたファンの皆様、主催者様等には、多大なるご迷惑ご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

フジコ・ヘミングは、昨年も精力的な演奏活動を続けていたところでした。
怪我をしてからは、思い通りにならない身体にもどかしい思いを抱えながらも、直前まで、復帰してピアノを弾きたいという強い意志をもって治療とリハビリに励み、病室や病院内でピアノを弾いたこともありました。
3月に予定していたニューヨークのカーネギーホールでの公演や日本での公演を楽しみにしておりました。

皆様へこのようなご報告をしなければならなくなったことは、誰よりもフジコ・ヘミング本人にとって本当に残念であったと思います。

フジコ・ヘミングは、聴力を失っても魂でピアノを弾き続ける強さを持ちつつも、動物愛護を実践して保護猫を多数引き取り、また被災者や大変な思いをしている人達へのチャリティコンサートを積極的に行うなど、慈愛の心に満ちあふれた人でした。

奇蹟の「カンパネラ」を再び弾ける日が来ることをフジコ・ヘシング本人ともども切に祈っておりましたが、もう叶えることはできません。
しかし、これから先も、フジコ・ヘミングの魂の演奏の思い出が皆さまの心の中で奏で続けられることを願っております。

尚、献花、ご芳志等はご遠慮いただいておりますので、なにとぞご理解の程お願い申し上げます。

「フジコ・ヘミング お別れの会」につきましては、現在、検討中となっております。詳細については改めてご案内申し上け゚ます。

今まで応援してくださったファンの皆様、共演者・主催者・メディア関係・懸命に尽くして頂いた医療従事者の方々・その他関係者の皆様には、心より深く感謝し御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

2024年5月2日 一般財団法人フジコ・へミング財団

『奇蹟のカンパネラ』が大ヒット

世界的に活躍していたフジコ・ヘミングさんの1stアルバム『奇蹟のカンパネラ』は、200万枚以上を売り上げる大ヒットを記録。近年も精力的にコンサートを行うなどしていました。
 
次ページ
フジコ・ヘミングさんの音楽を聞いてみる
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」