「元宝塚」の好きな芸能人ランキング! 2位「はいだしょうこ」を抑えたダントツ1位は?

長い歴史を持つ宝塚歌劇団からは、多くの芸能人が誕生。今回は、そんな「元宝塚」の芸能人に関するアンケートを実施。この記事では、「元宝塚」の好きな芸能人ランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:はいだしょうこさん公式Instagramより)

100年以上の歴史を持つ「宝塚歌劇団」は、出演者が女性だけの日本でも珍しい劇団として有名です。団員は高い人気を獲得し、歌劇団を辞めた後に芸能界で活躍することも多くあります。

そこで今回は、「元宝塚」の芸能人にスポットを当てたランキングを紹介します。

All About ニュース編集部は2024年3月22日~4月12日、全国の10~70代の男女325人を対象に「元宝塚の芸能人」に関するアンケート調査を実施。その中から、「元宝塚の好きな芸能人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果

2位:はいだしょうこ

2位にランクインしたのは、はいだしょうこさんでした。1998年に宝塚歌劇団に入団すると、娘役として抜群の演技力と歌唱力を見せて人気を集めます。4年目にして、公演フィナーレをソロで飾るエトワールに抜てきされ高評価を獲得。

2002年に退団すると、2003年から『おかあさんといっしょ』(NHK)にて、第19代・うたのおねえさんとして大活躍します。伸びやかな透き通る歌声を持ち、歌手としてコンサートや舞台などにも出演。また、天然ボケなキャラクターを生かしてバラエティ番組でも活躍し、幅広い世代から愛されています。近年ではYouTubeチャンネル「はいだしょうこの歌とか、、、」も人気で、さまざまな場面で美しい歌声を聞かせています。

回答者からは、「『おかあさんといっしょ』でよく観ていた世代だから」(東京都/20代女性)、「明るく天然で見ていて楽しくなるから」(福井県/30代女性)、「テレビで見てとてもかわいらしく、話もおもしろいと思う」(徳島県/40代女性)といった意見が挙がりました。

1位:天海祐希

1位は天海祐希さんでした。1987年に宝塚歌劇団に入団すると、史上最年少の25歳で月組トップスターに就任。宝塚を代表する男役スターとして数多くの舞台に出演し、1995年に上演した『ME AND MY GIRL』を最後に退団します。

退団後は俳優として活動し、ドラマ『離婚弁護士』(フジテレビ系)や『女王の教室』(日本テレビ系)などに出演し大ブレーク。『緊急取調室』(テレビ朝日系)はシリーズ化され、長く主演を担当します。映画作品への出演も多く、また舞台でも大活躍し演技力の高さを披露。現在は、『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)に出演中で、木村拓哉さん演じる狩山陸の妻・狩山玲子役を演じています。

回答者からは、「役柄のイメージかもしれないけれど、キッパリとした性格そうで好感を持っています」(青森県/50代女性)、「かっこよく、どんな役でも華麗にこなしていてセリフも聞きやすい」(岐阜県/40代女性)、「天海さんの宝塚の舞台を観に行ったことがあります。高い演技力や圧倒的な存在感に魅了されました」(大阪府/40代女性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」