「宝塚」退団後に活躍していると思う芸能人ランキング! 2位「黒木瞳」を抑えたダントツ1位は?

芸能界では「元宝塚」のタレントが多く活躍しています。そこで、All About ニュース編集部では、元宝塚の芸能人に関するアンケート調査を実施。この記事では、「宝塚」退団後に活躍していると思う芸能人ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『家政夫のミタゾノ』公式Instagramより)

長い歴史を誇る「宝塚歌劇団」からは、これまで数多くの人気芸能人が誕生しています。俳優や歌手、タレントまでさまざまな「元宝塚」の芸能人が活躍中です。

そこで、今回は「元宝塚」の芸能人について、オリジナルのランキングを作成しています。

All About ニュース編集部は2024年3月22日~4月12日、全国の10~70代の男女325人を対象に「元宝塚の芸能人」に関するアンケート調査を実施。その中から、「宝塚退団後に活躍していると思う芸能人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果

2位:黒木瞳

2位を獲得したのは、黒木瞳さんです。1981年に宝塚歌劇団に入団すると、2年目にして月組トップスター・大地真央さんの相手役に抜てきされ注目を受けます。その後も活躍し、娘役のトップスターとして君臨。1985年に退団するまで活躍を続けました。

退団後は、すぐにNHK連続テレビ小説『都の風』に出演。さらに映画『化身』では大胆な演技を見せ、「第10回日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞するなど評価を得ます。その後もさまざまな作品に出演し、映画『失楽園』で抜群の演技を見せて大ブレークを達成。俳優業以外にも、『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の司会や、 『24時間テレビ 』(日本テレビ系)のパーソナリティーなどでも活躍します。現在は、『JKと六法全書』(テレビ朝日系)、『燕は戻ってこない』(NHK総合)に出演中。これまで数多くのドラマや映画に出演し、国民的な知名度を獲得しています。

回答者からは、「コンスタントにドラマに出て、常に第一線で活躍しているイメージがある」(大阪府/40代女性)、「哀愁を帯びた表情、妖艶な表情の演技は素晴らしくて、ドラマなどでの活躍度は抜群です」(神奈川県/70代男性)、「たくさんの作品に出演し、大御所として活躍されているから」(京都府/30代女性)といった意見が挙がりました。

1位:天海祐希

1位は天海祐希さんが選ばれました。1987年に宝塚歌劇団に入団すると、史上最年少の25歳で月組トップスターに就任。常に注目を受け続け、男役スターとして高い人気を獲得します。1995年に退団すると、ドラマや映画に数多く出演。1996年公開の映画『クリスマス黙示録』から本格的に俳優業がスタートし、『離婚弁護士』(フジテレビ系)、『女王の教室』(日本テレビ系)、『BOSS』(フジテレビ系)、『緊急取調室』(テレビ朝日系)など、大ヒットした作品に参加します。

さらに、映画『最高の人生の見つけ方』『老後の資金がありません!』や、舞台『レイディマクベス』などで注目を集め、高い演技力を披露しています。CMやバラエティ番組、映画の吹き替えなど多方面で活躍する天海さんは、日本を代表する女性俳優として幅広い世代から支持を集めています。現在は、ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)に出演し、主人公・狩山陸の妻となる玲子役を担当しています。

回答者からは、「ドラマや映画に沢山出ていますし、知名度が他の人と比べたら段違いにあると思います」(愛知県/20代女性)、「見た目はクールビューティーな雰囲気ですが、バラエティ番組にたまに出るときはユーモアもあって親しみやすく活躍の場が多い」(大阪府/40代女性)、「連ドラやバラエティ番組、CMなどでたくさん見かける」(新潟県/30代女性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応