「元宝塚」だと聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「八千草薫」を大差で抑えた1位は?

All About ニュース編集部では、「元宝塚」の芸能人について独自のアンケート調査を実施しました。この記事ではその結果をまとめ、「元宝塚」だと聞いて驚いた芸能人ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:Amazonより)

八千草薫
画像出典:Amazonより
「元宝塚」の芸能人は多く、現在もさまざまなジャンルで活躍しています。中には退団後に大ブレークした芸能人もいて、「元宝塚」だと聞いて驚くこともあります。

All About ニュース編集部は2024年3月22日~4月12日、全国の10~70代の男女325人を対象に「元宝塚の芸能人」に関するアンケート調査を実施。その中から、「元宝塚だと聞いて驚いた芸能人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果

2位:八千草薫

2位には八千草薫さんが選ばれました。1947年に宝塚歌劇団に入団し娘役としてデビュー。在籍中から映画作品でも活躍し、高い人気を獲得します。1957年に退団してからも映画作品への出演が多く、美しいビジュアルと演技力の高さで評価を得ます。

またドラマでも活躍し、NHKの大河ドラマをはじめ『岸辺のアルバム』(TBS系)などで国民的な人気を獲得。近年でも『やすらぎの刻〜道』(テレビ朝日系)などに出演して、長く俳優として活動を続けていました。1997年には紫綬褒章、2003年に旭日小綬章を受章。2019年10月に88歳で亡くなるまで、高い人気を維持していました。宝塚歌劇団を退団後に長く俳優として活動していたことで、元宝塚と知らない世代も多いようです。

回答者からは、「日活とかそういったところの出身の役者さんだと思っていた」(神奈川県/50代女性)、「ずっと映画スターだと思っていた」(千葉県/30代女性)、「控えめなお母さん、良妻賢母的なイメージがあり、派手なイメージの宝塚とは解離した印象」(神奈川県/70代男性)といった意見が挙がりました。

1位:はいだしょうこ

1位ははいだしょうこさんです。1998年に宝塚歌劇団に入団し、2001年には星組公演『ベルサイユのばら2001』でエトワールを異例の早さで担当。活躍が期待されながらも、2002年に退団します。

退団後は、2003年から『おかあさんといっしょ』(NHK)で、第19代・うたのおねえさんを務め、抜群の歌唱力と明るいキャラクターで大ブレーク。透き通る歌声を聞かせ、コンサートなどでも大活躍します。さらに、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)などのバラエティ番組で、天然ボケなところを見せて人気を獲得。現在は、タレント活動に加え舞台やコンサートで活躍し、さらにYouTubeチャンネル「はいだしょうこの歌とか、、、」も好評。うたのおねえさんのイメージが強く、タレントとしても活躍していることで「元宝塚」と思っていない人が多いようです。

回答者からは、「宝塚はキリッとしているイメージだったので驚きました」(埼玉県/50代女性)、「おっとりした話し方なので、規律や上下関係の厳しい宝塚での生活を乗り越えたとは信じられなかった」(北海道/40代女性)、「宝塚らしくない天然キャラだから」(奈良県/50代男性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応