「元宝塚の男役」で好きな芸能人ランキング! 2位「真矢ミキ」を大差で抑えた1位は?

All About ニュース編集部では、元宝塚歌劇団の芸能人についてのアンケート調査を実施しました。この記事では、「元宝塚の男役」で好きな芸能人ランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:真矢ミキさん公式Instagramより)

芸能界には宝塚歌劇団の出身者が多く、各方面で活躍しています。特に、歌劇団で男役を務めていたスターは俳優として活躍。スタイルの良さと抜群の演技力で、俳優として高い評価を受けています。

今回は、「元宝塚の男役」に注目して、オリジナルのランキングを作成しました。

All About ニュース編集部は2024年3月22日~4月12日、全国の10~70代の男女325人を対象に「元宝塚の芸能人」に関するアンケート調査を実施。その中から、「元宝塚の男役で好きな芸能人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果

2位:真矢ミキ

2位には、真矢ミキさんがランクイン。1981年に宝塚歌劇団に入団すると頭角を現し、1995年には『エデンの東』でトップに抜てき。その後、花組男役トップスターとして活躍します。在籍中は、宝塚史上初となる篠山紀信さんによる男役の写真集発売や、つんく♂さんプロデュースで武道館コンサートを行うなど、革命児として人気に。

1998年に退団すると、俳優としての活動を始め、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』ではメインキャストとして活躍します。さまざまな作品に出演しながら、情報番組『ビビット』(TBS系)で司会を務めるなどマルチな才能を発揮。『ガリレオ』(フジテレビ系)や『下町ロケット』(TBS系)などの話題作に多く出演し、現在は『ブルーモーメント』(フジテレビ系)に出演中です。

回答者からは、「男役の現役時代もカッコイイけど、今は女性として見ていてカッコイイ」(栃木県/40代女性)、「カッコ良くて女性らしくて憧れます」(埼玉県/30代女性)、「ドラマ『アテンションプリーズ』(フジテレビ系)での教官役がとてもかっこよくて好きになりました」(神奈川県/30代女性)といった意見が挙がりました。

1位:天海祐希

1位には、天海祐希さんが選ばれました。1987年に宝塚歌劇団に入団すると、新人公演『ミー&マイガール』で宝塚史上初の入団1年目で主役に抜てき。さらに、史上最年少の25歳で月組トップスターに就任するなど、男役スターとして大活躍を続けます。

1995年に同劇団を退団すると、映画やドラマに数多く出演します。代表作は、『離婚弁護士』(フジテレビ系)、『女王の教室』(日本テレビ系)、『BOSS』(フジテレビ系)、『緊急取調室』(テレビ朝日系)など。映画や舞台でも活躍し、さらには気さくなキャラクターでバラエティ番組にも出演して男女問わず人気を集めます。現在は、ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)で、木村拓哉さん演じる狩山陸の妻・狩山玲子役を担当。好感度が高く、これまで多数のCMにも起用されています。

回答者からは、「俳優の仕事にストイックに取り組んでいるように見えるし、気取ったところがない言動も大好き」(青森県/50代女性)、「自分自身の芯があって永遠に憧れの人だから」(奈良県/20代女性)、「テレビで見る本人のキャラがおもしろいし、芝居もうまいので好きです」(鳥取県/40代男性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」