吉岡里帆、脇“全開”ショット披露! 美しい姿に「脇がたまりません」「まさに大和撫子」絶賛の声

俳優の吉岡里帆さんは5月1日、自身のInstagramを更新。ファッションイベントへの出演告知とともに、脇をチラリと見せている美しい姿を披露しました。(サムネイル画像出典:吉岡里帆さん公式Instagramより)

俳優の吉岡里帆さんは5月1日、自身のInstagramを更新。ファッションイベントへの出演告知にて脇をチラリと見せている美しい姿を披露し、「いい感じのショット」などと絶賛する声が寄せられています。

【実際の投稿:吉岡里帆、脇がちらりとしたタンクトップ姿】

「脇がたまりません」

吉岡さんは「6月15日(土) 京都劇場で開催される"ファッションカンタータfrom KYOTO"に出演します」とつづり、1枚の写真を公開。白いタンクトップを着用した姿で、胸から上を写しています。

この写真を見ていると、左右それぞれの脇に目が行くかもしれません。左側は腕を上げていることから脇が“全開”に。一方で、右側は腕を下げたままとなっているため、脇の露出が控えめとなっています。さらに、カメラからそらすような目線も、より艶やかで色っぽい印象に感じるのではないでしょうか。

コメント欄では、「まさに大和撫子」「神々しすぎて女神」「いい感じのショット」「ふとした瞬間でもやっぱりめちゃくちゃカワイイ」「脇がたまりません」「めっちゃ可愛い」「色っぽい」と、絶賛の声が集まっています。

肩出しドレス姿で色っぽショットも披露

4月26日の投稿でも、吉岡さんの肩が大胆に露出した衣装での色っぽいショットが堪能できます。「"TASAKI "70周年おめでとうございます」とつづり、ジュエリーブランド「TASAKI(タサキ)」のイベントに出席した様子が8枚の写真にて公開されています。

肩から胸元、二の腕が露出しているホワイトのドレスを着用した吉岡さんに思わずドキッとしてしまいそうです。肩やデコルテなどを露出した色っぽい姿を頻繁に見せてくれる吉岡さん。今後もスタイル抜群なボディを生かした姿を披露してくれることが待ち遠しいですね!
 

次ページ
吉岡さんの色っぽショットをもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」