「ピンク・レディー」未唯mie、桂由美さんの3億円のウエディングドレスを着用していた。思い出つづる

女性デュオ「ピンク・レディー」の未唯mieさんは4月30日、自身のInstagramを更新。デザイナー・桂由美さんの死去を受け、「ずっとずっとお世話になり可愛がって頂きました」と思いをつづりました。(サムネイル画像出典:未唯mieさん公式Instagramより)

女性デュオ「ピンク・レディー」の未唯mieさんは4月30日、自身のInstagramを更新。デザイナー・桂由美さんの死去を受け、思いをつづりました。

【実際の投稿:未唯mie、桂由美との思い出】

「いつでもハツラツとされて」

「突然の訃報に…桂由美先生、あんなにお元気だったのに…信じられません」と、驚きを隠せない様子で書き出した未唯mieさん。「私が24歳の時由美先生のコレクションで『3億円ウエディングドレスを着させていただいてから結婚式のドレスも15年続く未唯mie LIVE、今年の『新春Pink Lady Night 2024』まで、ずっとずっとお世話になり可愛がって頂きました」と、桂さんとの思い出をつづっています。

投稿に載っている1枚の写真は「2023年の新春公演を観に来て下さった時のお姿」とのこと。寄り添う2人がすてきです。最後は、「いつでもハツラツとされて、『私の着物を、そんな風にアレンジして面白いわね』と、お気に召して下さってました」と、桂さんの人柄もつづり、最後は「感謝の気持ちでいっぱいです 淋しいです 心よりご冥福をお祈りいたします」との文章で投稿を締めました。

コメントでは、「私もびっくりしました 桂由美先生がご逝去された事で私もびっくりしました」「悲しむ方も大勢いらっしゃると思います」「訃報に驚きました」「謹んで哀悼の意を表します」などの声が上がっています。

94歳で死去

同日の報道で94歳で亡くなったことが明らかになった桂さん。ウエディングドレスのデザイナーとして世界的に名の知れた人物でした。「YUMI KATSURA(ユミカツラ)」は、桂さんが手掛けていたブランドです。
 
次ページ
未唯mieさんの普段の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」