「まっっったく変わらぬ美」安達祐実、“『家なき子』から30年”最新横顔ショットに反響! 「大天使」

俳優の安達祐実さんが、4月26日に自身のInstagramを更新。美しいフェイスラインが際立った横顔ショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:安達祐実さん公式Instagramより)

俳優の安達祐実さんは4月26日、自身のInstagramを更新。横顔ショットを公開しました。

【実際の投稿:安達祐実、美しすぎる横顔ショット】

「変わってないのが凄いよね」

安達さんは「『家なき子』から30年だって。今もこうして俳優を続けられていることに、改めて感謝だなぁ」とつづり、1枚の写真を投稿。暗闇の中で斜め上を見上げる横顔ショットを公開しました。美しいフェイスラインが際立った写真です。

安達さんが12歳で主演を務めて話題になったドラマ『家なき子』(日本テレビ系)の放送から30年。42歳になった今も変わらない美しさに、ファンからは「変わってないのが凄いよね」「まっっったく変わらぬ美」「ほんとに大天使です…永遠に憧れの存在」など、称賛の声が多く寄せられています。

プライベート感あふれる写真を多数公開

安達さんはInstagramにプライベート感あふれる写真を多数公開。4日には「なにか言われて照れている」と、飲食店でドリンクを飲むプライベートショットを載せていました。次の投稿も楽しみですね。
 
次ページ
安達祐実さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在