壮絶すぎる! 『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親、水木しげるの人生を追体験できる記念館がリニューアル

水木しげるさんの故郷、鳥取県境港市にある「水木しげる記念館」。2024年4月にリニューアルオープンし、水木さんの人となりがよく分かる展示になりました。同館と周辺の町の様子をリポートします。

海鮮と日本酒、境港のグルメに舌鼓も!

境港水産物直売センター
境港水産物直売センターに並ぶ紅ズワイガニ。水分が多くさっぱりしていていくらでも食べられそう
境港市は三方を海に囲まれた珍しい地形で、境港でとれる海の幸が名物です。ここまできたら、楽しまない手はありません。観光客に人気なのが「境港水産物直売センター」。日本一の水揚げ量を誇る紅ズワイガニをはじめ、本マグロや岩ガキなど、旬の魚がずらりと並びます。イートインスペースもあり、その場で食べることも可能。もちろん配送もできます。 
てっぺん海鮮丼
驚きのボリューム! 「てっぺん海鮮丼」(2970円、お吸い物・漬物・日替わり小鉢付き)
市内には海鮮がウリの食堂もたくさんあります。食堂「旨いもん市場 海月丸」もその1つ。境港出身の店主が「地元の人にも観光客にも愛される海鮮料理を提供したい」とオープン。名物の「てっぺん海鮮丼」はごはんが見えないボリュームです。この日は紅ズワイカニやホタルイカ、エビ、境港サーモンなど旬の食材がどっさり乗っていました。魚は日替わりです。 
千代むすび酒造
数々の賞も受賞している実力派の蔵「千代むすび酒造」
うまい料理に合う日本酒もあります。境港市にある1865年創業の「千代むすび酒造」は、精米設備を備え、自社精米しているのが特徴の1つ。鳥取県独自の酒米である強力を使った日本酒や、最近注目のスパークリング日本酒(SORAH)などをつくっています。27カ国に輸出しており、海外でも好評。最近は焼酎やウォッカ、ウイスキーづくりにも挑戦しています。水木しげるロードに角打ちを楽しめる店舗があります。

水木さんの人生を追体験しながら、町のそこかしこに妖怪の気配を感じ、港町ならではの美味を堪能……。境港では、そんな楽しくおいしい旅を楽しめます。

(C)水木プロダクション
最初から読む

この記事の筆者:古屋 江美子 プロフィール
旅行やグルメを中心にWebや雑誌など様々な媒体で活躍。これまでに訪れた国は約40ヶ国。出身地である山梨県の「やまなし大使」としてもさまざまな情報を発信中。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化