兒玉遥、「私、怒ってます」「止める術がない、、、」違法行為について悲痛な思いつづる。田中美久もコメント

元HKT48で俳優の兒玉遥さんは4月18日、自身のInstagramを更新。悲痛な思いを明かしました。ファンからも同調する声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:兒玉遥さん公式Instagramより)

元HKT48で俳優の兒玉遥さんは4月18日、自身のInstagramを更新。悲痛な思いを明かしました。

【実際の投稿:兒玉遥、悲痛な思いあらわに】

「無断転載、ダメ、ゼッタイ!!」

2022年11月に発売された写真集『Stay 25』(ワニブックス)。それについて「違法転載ダメって言ってもすぐに溢れてしまって悲しい。私、怒ってます」と、気持ちをあらわにした兒玉さん。「止める術がない、、、AIで投稿自動削除出来るようになってくれないかな?」ともつづっています。

さらに「沢山の方と一緒に汗水垂らして何ヶ月も時間をかけて作った作品です」と明かし、「3300円という値段は決して安くはないと思いますがゆっくりページをめくればその価値を体感してもらえると思っています」とのこと。最後は「本当に見たい人にちゃんとした形で届いて欲しいと願うばかりです」と、悲痛な思いをつづりました。

元HKT48の田中美久さんは「はるちゃん素敵です。美しいです!写真集楽しみに見させて頂きます!」とコメントし、ファンからは「ほんとにそうですよね」「転載はとても残念です」「ちゃんと買ってみてますよ!」「有料コンテンツ&写真集の無断転載、ダメ、ゼッタイ!!」などの声が上がっています。

「25歳ありのままの自分で」

同写真集は兒玉さんが25歳の時に撮影されたもので、タイトルには「25歳ありのままの自分で。永遠に存在するように」という意味が込められているようです。かなりインパクトのある内容に仕上がっているようなので、気になる人は違法な形ではなく、写真集を購入して見てみてくださいね。
 
次ページ
兒玉さんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在