「好きな歴代子役」ランキング! 2位「神木隆之介」、では1位に選ばれたのは?

All About ニュース編集部は、3月22日~4月12日の期間、全国の10~60代の男女398人を対象に「歴代子役」に関するアンケート調査を実施。「好きな・好きだった歴代子役」1位に輝いたのは?(サムネイル画像出典:神木隆之介さん公式Xより)

All About ニュース編集部は「歴代子役」に関するアンケート調査を行いました(3月22日~4月12日の期間、全国の10~60代の男女398人を対象実施)。この記事では、「好きな・好きだった歴代子役」ランキングの結果を紹介します!

>15位までの全ランキング結果を見る 

第2位:神木隆之介

第2位には神木隆之介さんがランクイン。神木さんは、1993年5月19日生まれの30歳。1995年、2歳のときにCMデビュー。1999年には『グッドニュース』(TBS系)でドラマデビューを果たしました。滝沢秀明さん主演の大河ドラマ『義経』(NHK総合)で牛若(源義経の幼少期)を、7年後の2012年には『平清盛』(NHK総合)で源義経役を演じています。

2004年には、『お父さんのバックドロップ』で映画にも進出。翌年、主演した『妖怪大戦争』では、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞するなど、子役時代から高い演技力を評価されていました。

回答者からは「見ていて可愛くなったなとかかっこよくなったなとかほほえましく見れるから」(40代女性/埼玉県)、「今も素敵ですが子どもの時は天使かと思うぐらい可愛かったと思っています」(50代女性/埼玉県)、「可愛いく美しく繊細な子供の役が素晴らしく良く覚えてる」(50代女性/神奈川県)、といった意見が上がりました。

第1位:芦田愛菜

第1位には芦田愛菜さんが輝きました。芦田さんは、2004年6月23日生まれの19歳。3歳から芸能活動を開始し、5歳のときにドラマ『Mother』(日本テレビ系)で少女役を演じ、圧倒的な「泣き顔」で視聴者を引き込みました。

子役としての活躍はとどまらず、2011年、ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で、共演した子役・鈴木福さんと歌った同ドラマ主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」が大ヒット。同年の『第62回NHK紅白歌合戦』に7歳193日で出演し、大橋のぞみさんが所持していた最年少出演記録を更新しました。

回答者からは「立派に成長して、自分の子じゃないけど誇らしい気分。親戚みたいな気持ちになってしまっています」(50代女性/青森県)、「小さいながらもしっかりした様子に驚きましたし、とってもかわいくて大好きでした。今もSNSで幼少期のまなちゃんの動画が出てくるとつい見てしまいます」(30代女性/東京都)、「変に大人びてもなく子供らしい可愛らしさがあった」(40代女性/宮城県)、「とにかく清楚で可愛くて頭が良く人柄も好きだからです」(40代男性/東京都)などの声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:小林清峰
スポーツ新聞→編集プロダクションで編集やカメラ、ディレクション、ライターやってます(何でも屋です)
次ページ
15位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」