「伝説だと思う歴代子役」ランキング! 2位「安達祐実」を抑え、1位に輝いたのは?

All About ニュース編集部は、3月22日~4月12日の期間、全国の10~60代の男女398人を対象に「歴代子役」に関するアンケート調査を実施。「伝説だと思う歴代子役」1位に輝いたのは?(サムネイル画像出典:安達祐実さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は「歴代子役」に関するアンケート調査を行いました(3月22日~4月12日の期間、全国の10~60代の男女398人を対象に実施)。この記事では、「伝説だと思う歴代子役」ランキングの結果を紹介します!

>15位までの全ランキング結果を見る

第2位:安達祐実

第2位には安達祐実さんがランクイン。安達さんは、1981年9月14日生まれの42歳。2歳の時に子育て雑誌でモデルデビュー。1990年にドラマ『自由の丘に私が残った』(テレビ朝日系)で子役として俳優デビューしました。1993年、映画『REX 恐竜物語』で初映画にして主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

人気を全国区にしたのは、1994年放送のドラマ『家なき子』(日本テレビ系)。主人公の相沢すず役を演じて反響を呼び「同情するならカネをくれ」のセリフが、新語・流行語大賞にも選ばれるなど社会現象ともなりました。1997年には、人気漫画原作のドラマ『ガラスの仮面』(テレビ朝日系)で主演・北島マヤを務めシリーズ化されるなど、伝説的な子役として知られています。

回答者からは「今でもあまり変わっていない」(50代男性/徳島県)、「『同情するなら金をくれ』のフレーズは、インパクトがありました」(60代女性/滋賀県)、「過激な役もこなしていた唯一無二の子役」(40代女性/熊本県)、「家なき子というドラマの演技力が、自分が子供でも圧巻だなと感じたから。自然かつ迫力ある演技だった」(30代男性/千葉県)といった意見が上がりました。

第1位:芦田愛菜

第1位には芦田愛菜さんが輝きました。芦田さんは、2004年6月23日生まれの19歳。3歳から芸能活動を開始し、2009年に、『ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”』(テレビ朝日系)で子役デビューしました。子役人気を決定づけたのは、2010年、ドラマ『Mother』(日本テレビ系)。放送当時5歳で少女役を演じ、圧倒的な「泣き顔」で視聴者を引き込みました。

その後、2011年にはドラマ『さよならぼくたちのようちえん』(日本テレビ系)で、日本のテレビドラマ史上最年少で初主演を達成。さらに、同年には大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(NHK)では、豊臣秀吉の正室・淀殿の幼少時代を演じただけでなく、徳川秀忠の長女・千も担当し、1人2役での出演が話題になりました。

回答者からは「名前を聞いただけで老若男女問わず、代表作の名前が出てくるから」(40代女性/埼玉県)、「低年齢で完ぺきな演技をして印象に残っている」(20代女性/静岡県)、「芦田愛菜さんの演技は子役とは思えない迫真の演技だった」(40代女性/宮城県)、「MOTHERが衝撃的すぎた」(30代女性/北海道)などの声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:小林清峰
スポーツ新聞→編集プロダクションで編集やカメラ、ディレクション、ライターやってます(何でも屋です)
次ページ
15位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応