デヴィ夫人、クルーズ船で異色のお花見を満喫! 「ピンク一色ですね」「皆さん華やかでとても綺麗」

タレントのデヴィ夫人は4月11日、自身のInstagramを更新。異色のお花見会の様子を公開しました。(サムネイル画像出典:デヴィ夫人公式Instagramより)

タレントのデヴィ夫人は4月11日、自身のInstagramを更新。異色のお花見会の様子を公開し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:デヴィ夫人、クルーズ船で異色のお花見会!】

「桜の女王ですね」

デヴィ夫人は「先週末、東京では 桜が満開に。親しい友人方と 神田川の桜をモエ シャンドン号から楽しみました」とつづり、10枚の写真を投稿。クルーズ船の上から満開の桜を楽しむ様子を載せました。「クルーズ船も、ピンク色のテーブルクロスでドレスアップ ドレスコードは桜の色、ピンク」とあるように、参加者はそれぞれ、ピンク色の服を着用しています。豪華かつ異色のパーティです。

ファンからは「ピンク一色ですね」「皆さん華やかでとても綺麗」「桜の女王ですね」「優雅で素敵です」などのコメントが寄せられました。

過去にも異色なパーティの様子を公開

3月9日には「花千代さんの今年のワインパーティ第一弾のテーマは “Cabaret!” ライザ・ミネリの名画キャバレーをイメージした豪華チームと 花千代さんが創り上げる 夢の空間に行って参りました」とつづり“ワインパーティ”の様子を公開していたデヴィ夫人。参加者の服装、会場の空間ともにまるで別世界のような雰囲気です。デヴィ夫人は金色のゴージャスなドレスを着用しており、こちらも異色と言えるでしょう。今後もすてきな投稿で楽しませてほしいですね!
 
次ページ
デヴィ夫人が過去に公開した“ワインパーティ”の様子も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応