「最後の酒と言われないように」能登半島地震で被災した松波酒造、生き残った“レスキュー酒”をEC販売へ

1月1日に能登半島地震で被災した松波酒造が、生き残った3500本の酒をレスキューし、期間限定で販売することになりました。(サムネイル画像出典::「包丁料理人おいり oiri_kitchen」)

『地震に負けずに生き残ったお酒を販売』

松波酒造、女将(おかみ)の金七聖子さん

画像:おいりさん提供
画像は全ておいりさん提供

作業中の様子

画像:おいりさん提供
1本ずつ丁寧に洗浄、ラベルを張るボランティアの皆さん
記事に戻る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽