Snow Manで、イケメンだけど「喋ると意外とおバカでかわいい」メンバーとは? 28歳ファン女性が熱弁

9人組アイドルグループ・Snow Man。ダンス、歌、演技、トーク力……さまざまな側面で人気を集めていますが、特にファンが魅力を感じる部分を、28歳女性に聞いてみました。(サムネイル画像出典:『それSnow Manにやらせて下さい』公式Instagram)

STARTO ENTERTAINMENT所属の9人組アイドルグループ・Snow Man。前身ユニットでの活動を経て、2012年に深澤辰哉さん、佐久間大介さん、渡辺翔太さん、宮舘涼太さん、 岩本照さん、阿部亮平さんの6人で結成され、2019年に向井康二さん、目黒蓮さん、ラウールさんの3人が新メンバーとして加入。長い下積みを経験し、2020年にメジャーデビューを果たしました。メンバーそれぞれが個性を生かして多様なジャンルで活躍の場を広げています。

All About ニュース編集部が実施した調査から、ファンに深掘りしたSnow Manの魅力を紹介します。

「誰かにハマる」メンバーそれぞれの個性がグループの魅力

今回お話を聞いたのは、広島県在住の28歳の女性。まず、Snow Manにハマったきっかけを尋ねると、「従姉妹にSnowManのライブに誘ってもらったのがきっかけです。声をかけてもらった時はグループ名しか知らず、メンバーの名前も覚えていませんでした」とのこと。

「ライブの予習として曲を聴いたりYouTubeを見てメンバーの性格を把握したりしていたらどんどん興味が湧いていきました。実際にライブに行ってすっかりファンになりました」と話しました。

グループの魅力を聞くと、「誰かにハマる」メンバーそれぞれの個性、だといいます。

具体的には「メンバーがそれぞれ個性的なので、誰かにハマるところが魅力だと思います。YouTubeのゲーム企画(特に人狼ゲーム)や旅行企画ではみんなの個性が存分に出ていておもしろいです」と語りました。また、「9人みんなが仲が良いので掛け合いなどが楽しく見てるこっちまで笑顔になります。一方でアクロバットなどのパフォーマンスはめちゃくちゃかっこいいのも魅力的です」と続けました。

“推しに救われた”と思う瞬間を尋ねると、「毎日仕事がしんどくてもSnowManがでてるコンテンツをみたり曲を聴いたりして前を向けます」と、Snow Manが日々のモチベーションとなっていることを教えてくれました。

「喋ると意外とおバカでかわいい、実は口が悪い」メンバーは?

続いて、メンバーそれぞれの魅力やグループ内での役割について、ひと言で表現してもらいました。

岩本照さんについては、「リーダーでまとめ役」、深澤辰哉さんについては、「いざというとき頼りになるSnowManのお母さん」、ラウールさんは、「末っ子でかわいい、癒される」とのこと。

また、渡辺翔太さんは、「実は周りをよく見れている、笑いのセンスがいい」、向井康二さんは、「ムードメーカー、何事にも一生懸命」、阿部亮平さんは、「SnowManの頭脳、謙虚で空気も読めるけどたまに奇行に走るところがthe ab型」だそう。

目黒蓮さんは、「喋ると意外とおバカでかわいい、実は口が悪い」、宮舘涼太さんについては、「真面目で紳士。かなり頑固で熱い男」、佐久間大介さんについては、「先陣切って流れを作ってくれる。周りがよく見える」と語りました。

Snow Manの共演者として「相性が良いと思う俳優」

Snow Manを好きになり始めた人に「入門編」としてまず見てほしいテレビ番組やドラマ作品は、Paravi時代の『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)と回答。理由は、「メンバーがのびのびしていて見ていて楽しめる」とのことでした。

ほかのグループにはない、Snow Manだけの特徴だと思う点は、「メンバー同士プライベートでも仲が良い」ことだと話していたように、素の部分も見え隠れするような番組内では、メンバー同士の仲の良さが感じられるやりとりに癒されますね。

Snow Manの共演者として「相性が良いと思うタレント」は「二宮和也さん」とのこと。理由は、「ニノがSnowManの扱いをわかっている」といいます。

2023年8月に放送された『それSnow Manにやらせて下さい』にゲスト出演した二宮和也さん。自由な発言でSnow Manメンバーを翻弄(ほんろう)する楽しいやりとりが、ファンの間で話題を呼びました。
 
もう1人は、お笑いコンビ・麒麟の「川島明さん」。理由を聞くと、「バラエティでの掛け合いが面白い」と話しました。
 

テレビドラマや映画だけでなく、バラエティ番組に出演するメンバーも数多いSnow Man。今後、どのような共演が果たされるのか、楽しみにしたいですね。

※回答者のコメントは原文ママです
※編集注:初出時、「SMILE-UP.所属」としていましたが、現在の所属事務所である「STARTO ENTERTAINMENT」の4月10日からの本格始動により、「STARTO ENTERTAINMENT所属」に訂正いたしました
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応