「笑顔にキュンときた」Snow Manファン27歳女性が「ギャップにハマる」メンバーとは?

9人組アイドルグループ・Snow Man。ダンス、歌、演技、トーク力……さまざまな側面で人気を集めていますが、特にファンが魅力を感じる部分を、27歳女性に聞いてみました。(サムネイル画像出典:『それSnow Manにやらせて下さい』公式Instagram)

STARTO ENTERTAINMENT所属のアイドルグループ・Snow Man。前身ユニットでの活動を経て長い下積みを経験し、2020年に同事務所所属のSixTONESと同時にメジャーデビューを果たしました。深澤辰哉さん、佐久間大介さん、渡辺翔太さん、宮舘涼太さん、 岩本照さん、阿部亮平さん、向井康二さん、目黒蓮さん、ラウールさんの9人のメンバーそれぞれが個性を生かして多様なジャンルで活躍の場を広げています。

All About ニュース編集部が実施した調査から、ファンに深掘りしたSnow Manの魅力を紹介します。

「佐久間大介くんの笑顔にとてもキュンときました」

今回お話を聞いたのは、愛知県在住の27歳の女性。まず、Snow Manの魅力を聞くと、「ギャップにハマる」グループであることだといいます。

具体的には、「いろいろなキャラクターのメンバーがおり、必ず推しが見つかります」とのこと。「歌って踊って、アイドルをしているときはキメキメでとてもかっこいいです。セクシーさもあります。しかし、バラエティーなどでは、メンバー同士でワチャワチャとしていて、とても仲が良く面白い様子がとても魅力的です」と話しました。 

Snow Manにハマったきっかけは『NHK紅白歌合戦』だそうで「歌っているところをみて、とても好きになりました。特に、佐久間大介くんの笑顔にとてもキュンときました」と話します。さらに「(佐久間さんは)可愛い顔なのに、キレキレな動きをしているギャップで、かなり気になり、SnowManについて調べるようになりました。メンバー同士の会話の面白さや仲の良さをみて、SnowMan全員をさらに好きになりました」と続けました。

“推しに救われた”と思う瞬間を聞くと、「仕事で辛い時、SnowManのYouTubeを見て元気が出た」とのこと。さらに、ほかのグループにはない、Snow Manだけの特徴だと思う点は「体を張っているところ」だといいます。

メンバー9人それぞれの魅力をひと言で表現すると?

続いて、メンバーそれぞれの魅力について聞きました。

岩本照さんは「甘い顔と踊っている時のギャップ」、深澤辰哉さんは、「ドラマでの演技も上手」、ラウールさんは、「ミステリアスな雰囲気とモデルとしてのカリスマ性」と回答。

さらに、渡辺翔太さんは「穏やかで優しい雰囲気」、向井康二さんは、「みんなをやさしくフォローしている様子」、阿部亮平さんは、「セクシーなスタイル」とのこと。

目黒蓮さんは、「かわいいビジュアルとぬけているところ」、宮舘涼太さんについては「会話のテンポがおもしろい」。また、Snow Manにハマるきっかけとなった佐久間大介さんの魅力については、「腹筋がバキバキ」と語りました。

Snow Manの共演者として「相性が良いと思う俳優」

Snow Manを好きになり始めた人に「入門編」としてまず見てほしいテレビ番組やドラマ作品は、「Snow ManのYouTube番組」と回答。理由は、「メンバー全員のことが良くわかるから」とのこと。ファンだからこそ知るSnow Manの一面として、「YouTubeでは脱いだりしています。みんな良い体をしています」と教えてくれました。

Snow Manの共演者として「相性が良いと思う俳優」は「神木隆之介さん」。理由は、「同世代だから」と回答。
 
さらに、「相性が良いと思うタレント」は、「菊池風磨さん」とのこと。理由を聞くと、「昔から交流があるメンバーが多いから」ということでした。
  菊池風磨さんは、自身のInstagram生配信などで、プライベートでも仲の良い渡辺翔太さんとのエピソードや、初めてダンスを教わったのは宮舘涼太さんであることを明かすなど、Snow Manメンバーと親交が深いことがファンの間で知られています。

今後、どのような共演が果たされるのか、楽しみにしたいですね。

※回答者のコメントは原文ママです
※編集注:初出時、「SMILE-UP.所属」としていましたが、現在の所属事務所である「STARTO ENTERTAINMENT」の4月10日からの本格始動により、「STARTO ENTERTAINMENT所属」に訂正いたしました
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」