「助けてください」の韓国語は? 使い分けや役立つフレーズ、例文を解説

「助けてください」の韓国語には、大きく分けて2つの表現があります。この記事では「助けてください」の韓国語表現や使い分け、役立つフレーズについて韓国人の編集部スタッフが紹介していきます。

「助けてください」の韓国語は? 使い分けや役立つフレーズ、例文を解説
「助けてください」の韓国語は? 使い分けや役立つフレーズ、例文を解説
「助けてください」の韓国語には、大きく分けて2つの表現があります。旅行中にトラブルにあったときに使える表現なので、知っておくと便利ですよ。この記事では「助けてください」の韓国語表現や使い分け、役立つフレーズについて韓国人の編集部スタッフが紹介していきます。

関連記事:【役立つ韓国語40選】韓国旅行で使える日常会話やフレーズ! 挨拶・移動・買い物・トラブルなど場面ごとに解説

<目次>
危険な状態のときに使う「助けてください」の韓国語
手伝ってほしいときに使う「助けてください」の韓国語
「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」の発音のポイント
「助けてください」の韓国語の役立つフレーズ
まとめ

危険な状態のときに使う「助けてください」の韓国語

命に危機があるときや、危険な状態に巻き込まれたり遭遇したときに使う「助けてください」の韓国語は、「살려 주세요(サルリョ ジュセヨ)」です。「살려 주세요(サルリョ ジュセヨ)」の原形は「살리다(サルリダ)」で、直訳すると「生かす」になります。

訳の通り、命にかかわるSOSや、救いを求めないといけない切迫した状況のときに使う表現となりますので、使用頻度は低いでしょう。

手伝ってほしいときに使う「助けてください」の韓国語

人の手を借りたいときや、何かを手伝ってほしいときに使う「助けてください」の韓国語は、「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」です。「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」の原型は「돕다(トプタ)」で、直訳すると「助ける」になります。

旅行中にトラブルに遭遇したり、荷物を運んでほしいときなど、「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」はさまざまなシチュエーションで活用できます。

「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」の発音のポイント

「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」の発音はとても簡単です。ネイティブに近づけるためには「ト」のイントネーションを少し低く発声するとよいです。

「助けてください」の韓国語の役立つフレーズ

「살려 주세요(サルリョ ジュセヨ)」を旅行などのシーンで実践的に使うことは少ないと思うので、ここでは「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」を活用したフレーズについて解説します。

・「좀 도와줘(チョム ドワジョ)」

「좀 도와줘(チョム ドワジョ)」を訳すと「ちょっと手伝ってくれない?」「ちょっと助けてくれない?」になります。カジュアルな表現なので、親しい間柄の人やため語でも問題のない相手に使うとよいでしょう。

・「미안한데, 이것 좀 도와줄래요?(ミアナンデ, イゴッ ゾム ドワジュシルレヨ?)」

「미안한데, 이것 좀 도와줄래요?(ミアナンデ, イゴッ ゾム ドワジュシルレヨ?)」を訳すと「すみませんが、これちょっと手伝ってくれませんか?」になります。丁寧な表現になるので、初めて会う人に助けをお願いするときなどに使うとよいでしょう。

・「도와주셔서 감사해요(トワジュショソ ガムサヘヨ)」

「도와주셔서 감사해요(トワジュショソ カムサヘヨ)」を訳すと「手伝ってくれてありがとうございます」「助けてくれてありがとうございます」になります。何かを手伝ってくれたり、助けてくれたりした人に対して、感謝の気持ちを述べたいときに使いましょう。

関連記事:韓国語の「ありがとう」9選! 使い分けや発音のポイントを解説

まとめ

「助けてください」の韓国語には、大きく分けると「살려 주세요(サルリョ ジュセヨ)」と「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」の2種類があります。「살려 주세요(サルリョ ジュセヨ)」は命に危機があるときや、危険な状態に巻き込まれたり遭遇したときに使う言葉なので、旅行や日常会話では「도와 주세요(トワ ジュセヨ)」を使うようにしましょう。「살려 주세요(サルリョ ジュセヨ)」を使わなければいけないシーンにあってしまったときは、大きな声で「살려 주세요(サルリョ ジュセヨ)」と叫ぶようにしてください。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」