横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2024」不思議な“物語”と花に囲まれた空間で没入体験【現地リポ】

横浜赤レンガ倉庫は2024年3月29日から4月21日まで「FLOWER GARDEN 2024」を開催。イマーシブ(=没入感)をテーマに約2万株の花々で空間を演出します。入場無料。

横浜赤レンガ倉庫は、2024年3月29日から4月21日まで「FLOWER GARDEN(フラワーガーデン)2024」を開催。18回目となる今回のテーマはイマーシブ(=没入感)で、15種類以上、約2万株の花々で空間を演出します。入場無料で楽しめる同イベントを取材してきました(画像は全て筆者撮影)。

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン」とは

18回目の開催となる「FLOWER GARDEN 2024」
18回目の開催となる「FLOWER GARDEN 2024」

2002年に文化・商業施設として生まれ変わった横浜赤レンガ倉庫の5周年記念イベントとして2007年に初開催したのが「FLOWER GARDEN(フラワーガーデン)」イベントの始まり。

横浜港を望む広場に花々が咲き誇る光景は来場者から好評で、その後も毎年テーマを変えて実施されています。2023年は約25万人が来場、“横浜の春の風物詩”として2024年で開催18回目を迎えます。

不思議な“物語”と花に囲まれた空間で没入体験

不思議な森の中で動物たちとティーパーティーを楽しむというストーリーが展開
不思議な森の中で動物たちとティーパーティーを楽しむというストーリーが展開

2024年のテーマは“イマーシブ(=没入感)”。「不思議な森のフラワーティーパーティー」と題し、ある女の子が不思議な森に迷い込んで動物たちとパーティーを楽しむというオリジナルストーリーを軸に、お花畑の中で物語に沿ったモニュメントを発見したり、主人公になった気分で不思議な森の中で写真を撮ったりといった没入体験ができます。

次ページ
2つのエリアを巡ってみよう!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない