第8回 横浜トリエンナーレ開幕! 現代アートの国際展をまずは「無料」で楽しもう

現代アートの国際展「第8回 横浜トリエンナーレ」が2024年3月15日に開幕。横浜美術館をメイン会場として6月9日まで開催されます。まずは無料会場から楽しんでみませんか?

現代アートの国際展「第8回 横浜トリエンナーレ」が2024年3月15日に開幕。横浜美術館をメイン会場として6月9日まで開催されます。「現代アートは分からない……」という人は、まずは無料会場から楽しんでみませんか? 見どころを紹介します(画像はプレス内覧会にて筆者撮影)。

現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」について

横浜美術館 公園口に大きな看板が設置
横浜美術館 公園口に大きな看板が設置

横浜トリエンナーレは、横浜市で3年に1度開催する現代アートの国際展で、2001年にスタートしました。国際的に活躍するアーティストの作品から新進のアーティストまで、広く国内外の最新の動向を紹介するとともに、横浜から新しい価値観と新たな文化を継続的に世界へ向けて発信し、国際交流と相互理解に貢献することを目指しています。

横浜を象徴するアートプロジェクトとして8回目の開催となります。前回の2020年はコロナ禍の中にもかかわらず、約15万人が来場しました。

主会場はリニューアルしたばかりの横浜美術館

第8回 横浜トリエンナーレの主会場・横浜美術館
第8回 横浜トリエンナーレの主会場・横浜美術館

第8回 横浜トリエンナーレの総合ディレクターは横浜美術館の蔵屋美香館長。アーティスティックディレクター(AD)はリウ・ディン(劉鼎)さん、キャロル・インホワ・ルー(盧迎華)さんが務め、「野草:いま、ここで生きてる」をテーマに、全93組のアーティストが参加。そのうち日本初出展は31組で、新作を発表するのは20組です(2024年3月14日時点)。

旧第一銀行横浜支店
旧第一銀行横浜支店 @SIDE CORE《construction giant》2024年

横浜美術館をメイン会場とし、旧第一銀行横浜支店BankART KAIKOクイーンズスクエア横浜(2階クイーンモール)、元町・中華街駅連絡通路(みなとみらい線「元町・中華街駅」中華街・山下公園改札1番出口方面)の全5カ所が会場となっています。一部は無料で観覧可。

蔵屋館長は「横浜美術館は約3年の大規模改修を経て、本展開催をもってリニューアルオープンしました。バリアフリーの環境を整え、どなたでも安心して多くの作品を観覧いただけます。当初から掲げる『現代アートの良質の入門編となる』という目標に立ち返り、『美術館に行こう』と身構えることなく、多くの方がふとアートに出会うタッチポイントを増やしています。すべてが分かったわけじゃないけれど、新しい扉を少しだけ開けた気がする。会場を訪れた方たちにそんな感覚を持ち返っていただければ」とコメントしています。

横浜トリエンナーレでは、展示内容のキャプション(=説明文)も分かりやすく、現代アート初心者にもやさしい展示です。

次ページ
「野草:いま、ここで生きてる」というテーマに込められた思い
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは