さらば“動くガンダム”! 3月20日から横浜市内で回遊施策の第2弾がスタート

GUNDAM FACTORY YOKOHAMAが2024年3月31日をもって営業を終了。「動くガンダム」も見納めとなります。3月20日から横浜市での回遊施策の第2弾が始まるので、その楽しみ方を紹介します。

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA(ガンダムファクトリーヨコハマ以下、GFY)が2024年3月31日をもって営業を終了します。GFYと連携協定を締結している横浜市は、まちでの回遊を楽しんでもらうための施策を実施中。3月20日から、回遊施策の第2弾が始まるので、その楽しみ方を紹介します(画像は提供、一部筆者撮影)。(c) 創通・サンライズ

GUNDAM FACTORY YOKOHAMAについて

ガンダムファクトリーヨコハマの実物大“動くガンダム”(筆者撮影)
GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの実物大“動くガンダム”(筆者撮影)

GFYは「機動戦士ガンダム 40周年プロジェクト」の一環として、横浜市と連携して18メートルの実物大ガンダムを動かすという夢を実現し、横浜で体感するための施設です。2020年12月19日、横浜・山下ふ頭にグランドオープンしました。

当初は2022年3月31日までの予定でしたが、コロナ禍などの影響で会期を延長。そして、ついに2024年3月31日に営業終了を迎えます。最後の勇姿を見納めようと、連日多くのファンでにぎわっています。

2024年3月31日に営業終了を迎える「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(筆者撮影)
2024年3月31日に営業終了を迎える「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(筆者撮影)

最終日は、通常開催を16時に終了し、19時から「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA GRAND FINALE ~To the New Stage~」が実施(入場チケットはすでに完売)。GFYのフィナーレを締めくくる演出が予定されています。

「YOKOHAMA AIR CABIN」とGFYの当日チケットを購入するともらえる限定ステッカー(提供画像)
「YOKOHAMA AIR CABIN」とGFYの当日チケットを購入するともらえる限定ステッカー(提供画像)

横浜市×GUNDAM FACTORY YOKOHAMA 回遊施策は2月26日から実施。みなとみらいの動く歩道のフラッグ掲出(すでに終了)のほか、大観覧車コスモクロック21の特別演出、都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」とGFYの当日チケットを購入すると限定ステッカーがもらえるコラボレーション企画などを行っています。

“動くガンダム”フォトスポットで撮影しよう

3月20日から始まる回遊施策の第2弾では、横浜市内の7施設にGFYで公開されている実物大の動くガンダムがフォトスポットとして出現。横浜ベイエリアを巡りながら、ガンダムと一緒に撮影を楽しんでみては。

<設置施設>
・クイーンズスクエア横浜(ステーションコア シースルーエレベーター)
・Colette・Mare(コレットマーレ)(6階 エスカレーター横)
・MARK IS みなとみらい(地下4階えきまえ広場)
・YOKOHAMA AIR CABIN(桜木町駅舎外階段)
・横浜港大さん橋国際客船ターミナル(2階出入国ロビー休憩スペース)
・横浜市役所(3階市民ラウンジ)
・横浜ワールドポーターズ(2階観覧車側エスカレータ脇)

次ページ
まだある! “動くガンダム”の楽しみ方
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由