『機動戦士ガンダム』シリーズで好きな女性キャラクター3選! 「『恥を知れ俗物』と罵ってもらいたい」

『ガンダム』ファンに聞いた、『閃光のハサウェイ』までのアニメ『機動戦士ガンダム』宇宙世紀シリーズの中で好きな女性キャラクター! All About独自調査の結果により、ファンが選んだ女性キャラ3選をご紹介します! (画像出典:Amazon)

1979年に放送されたアニメ第1作『機動戦士ガンダム』から、2021年公開の劇場版アニメの新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』まで、40年以上にわたって新たなファン層を増やし続けている『機動戦士ガンダム』シリーズ。

All About編集部では、11月19~30日の期間、10~60代の男女229人を対象に『機動戦士ガンダム』に関する独自アンケート調査を実施しました。今回は、ガンダムファンに聞いた、『閃光のハサウェイ』までのアニメ『機動戦士ガンダム』宇宙世紀シリーズの中で好きな女性キャラクター3選を発表します!
 

1:セイラ・マス(『機動戦士ガンダム』)

(画像出典:Amazon
「強い女性の代表。かっこいいし上司にしたい(30代女性)」「女として憧れるから(20代女性)」「好みのタイプです(30代男性)」など、男女ともに幅広い層で憧れの女性像として挙げる人が多かった、セイラ・マス。

「団塊世代、ポスト団塊世代は金髪に弱いです(40代男性)」「シンプルに金髪美女(20代男性)」「キャラデザが好き(30代男性)」など、ビジュアル面の人気が高いだけでなく、「シャアの妹と言う所もあり、ちょっと似ている所があってクールで気持ちが温かいのが良い(50代男性)」「お兄さんがシャアで、苦労されてて見ていて応援してしまう(30代女性)」など、シャアの妹という過酷な運命を背負う姿に感銘を受けた人も多いようです。
 

2:ハマーン・カーン(『機動戦士Ζガンダム』)

(画像出典:Amazon
「『恥を知れ俗物』と罵ってもらいたい(40代女性)」「美しくて神々しい(20代女性)」「威厳のある声、優れたカリスマ性、ファンネルを駆使した戦い方も好き(20代男性)」などの熱いコメントが集まったのは、『機動戦士Zガンダム』に初登場した、絶大なカリスマ性を持つハマーン・カーン。

「悪女だが、一途な女心を持っているところが個人的には好きです。考え方の違いからシャアと対立しても気にかけていたところなど(30代男性)」「パッと見怖そうなのにずっとシャアに恋する乙女なのが可愛い(10代女性)」など、愛憎渦巻くシャアへの思いに対するコメントも。

また、「毒舌ですが上司にしたい(30代男性)」「男性職場で男性から甘く見られないような振る舞いをしているが、たまにセンチメンタルなシーンを見せるところが好き(30代男性)」など、男性からの「職場にいたら……」という妄想の声も目立ちました。
 

3:マチルダ・アジャン(『機動戦士ガンダム』)

(画像出典:Amazon
主人公・アムロ・レイの初恋の人ともいえるマチルダ・アジャン。ファンからは、「凛とした雰囲気がとても美しい(50代男性)」「中尉でありながら女性らしい弱さも持っていて魅力的(30代女性)」「凛とした中にも可愛らしさも感じられるが、軍人としてどう生きているかも垣間見れる部分が良かった(40代男性)」など、中尉として信念を持って仕事をする姿勢に心を奪われた人が多いようです。

さらに、「最期がカッコ良い(20代女性)」「ウエディングドレス姿が切なかった(40代女性)」「相手の気持ちを汲み取る人物(60代女性)」など、切ない最期のシーンが印象に残ったという声も見られました。

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
『機動戦士ガンダム』シリーズで好きな男性キャラクター3選! 「敵味方関係無く一番かっこいい」
ファンに聞いた『機動戦士ガンダム』で1番好きなメカ! 「戦闘シーンに隙がなかった」モビルスーツとは?
アニメ『機動戦士ガンダム』の好きな作品ランキング! 2位『機動戦士Zガンダム』を抑えた圧倒的1位は?
『鬼滅の刃』の炭治郎を演じてほしい俳優ランキング! 3位「山崎賢人」、2位「佐藤健」、1位は?
『東京卍リベンジャーズ』で好きなセリフ3選! SNSでも流行したセリフから“人生の教訓”まで
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」