横浜の実物大“動くガンダム“2024年3月末に展示終了。大阪万博「ガンダムパビリオン」への移設は?

2020年12月の展示以来、注目を集めている横浜の実物大“動くガンダム“。2024年3月末で公開終了となることから、これまでの成果が発表されました。大阪・関西万博に出店予定のパビリオンの正式名称も。

バンダイナムコグループは、2023年10月6日、実物大“動くガンダム“を展示する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA(ガンダムファクトリーヨコハマ)」の運営報告と大阪・関西万博に出展予定の「ガンダムパビリオン(仮称)」の新情報について発表しました。気になる実物大“動くガンダム“の今後は?(画像は提供、一部筆者撮影)。

GUNDAM FACTORY YOKOHAMAへ約130万人が来場

実物大”動くガンダム”を展示する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(筆者撮影)
実物大”動くガンダム”を展示する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(筆者撮影)

発表会が行われたのは、東京・新宿でスタートした「GUNDAM NEXT FUTURE -EAST」のスペシャルステージ上。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を運営するEvolving Gの代表取締役社長の佐々木新さんが登壇し、2020年12月19日から横浜・山下ふ頭で公開開始した同施設に、営業日数854日で約130万人が来場したことを伝えました。

動くガンダムとのじゃんけん大会の様子(提供画像)
動くガンダムとのじゃんけん大会の様子(提供画像)

合わせて、アーティストとのコラボレーションや山岳遭難救助隊の救助訓練、動くガンダムとのじゃんけん対決、エデュケーショナルサポートなど、横浜で行われたさまざまなイベントや取り組みをスライドで振り返りました。

ガンダムSEEDとのコラボレーションを実施

劇場版『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』キービジュアル(提供画像)
劇場版『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』キービジュアル(提供画像)

「当初は2022年3月末までの公開でしたが、2回の延長を経て、ついに半年後の2024年3月31日にフィナーレを迎えることとなります」と、さらなる延長はないことを示唆。

最後に、今冬の特別イベントとして、劇場版『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』(2024年1月26日公開予定)とコラボレーションし、同作の楽曲を使った演出を予定していると明かしました。詳細は近日公開とのことなので、楽しみに待ちたいと思います。


>次ページ:大阪・関西万博のパビリオンの名称は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由