「ハードロックカフェ 横浜」リニューアル! みなとみらいの象徴・ギターネオン看板はブルーにチェンジ

「ハードロックカフェ 横浜」が2024年3月29日にリニューアルオープン。最新のハードロックの世界観をコンセプトに、ゴージャスかつスタイリッシュな店内に生まれ変わりました。

ハードロックカフェ 横浜が2024年3月29日にリニューアルオープン。最新のハードロックの世界観をコンセプトにゴージャスかつスタイリッシュな店内に生まれ変わりました。内覧会にお招きいただきましたのでリポートします(画像は提供、一部は内覧会にて筆者撮影)。

開業27周年を機に改装「ハードロックカフェ 横浜」

リニューアルした「ハードロックカフェ 横浜」(提供画像)
リニューアルした「ハードロックカフェ 横浜」(提供画像)

ハードロックカフェ 横浜は、横浜・みなとみらいの「みなとみらい東急スクエア」クイーンズタワーA 1階に、1997年7月、国内第4号店としてオープン。開業27周年にあたる2024年、外観、店内インテリアを改装するため、1月9日から一時閉店していました。

以前の内装は、ロンドン第1号店を踏襲したもので、ブラウンを基調に真鍮(しんちゅう)のゴールドをアクセントにしたスタイルでした。

店舗デザインのテーマは「航海」(提供画像)
店舗デザインのテーマは「航海」(提供画像)

今回のリニューアルで、最新のハードロックの世界観をコンセプトにゴージャスかつスタイリッシュに生まれ変わりました。港町である横浜の歴史から、店舗デザインのテーマは「航海」。温かみのある銅板や木目を生かしたエッセンスが取り入れられています。

テイラー・スウィフトのギターも! 「メモラビリア」が刷新

レディー・ガガのホワイト スカルプチュアル コート
レディー・ガガのホワイト スカルプチュアル コート

ハードロックカフェならではの店内壁面を飾るミュージシャンの衣装やギターなどの「メモラビリア」も総入れ替え。

テイラー・スウィフトのアイバニーズ アコースティックギター(左)やアヴリル・ラヴィーンのシューズとサイン(右)
テイラー・スウィフトのアイバニーズ アコースティックギター(左)やアヴリル・ラヴィーンのシューズとサイン(右)

エルヴィス・プレスリーのレッド レターマンズ ジャケット、レディー・ガガのホワイト スカルプチュアル コート、テイラー・スウィフトのアイバニーズ アコースティックギターなど、同店でしか見られないレアなアイテムを間近で見ながら、食事を楽しむことができます。

3つの個室にも「メモラビリア」が展示。画像は、MR. BIGやボン・ジョヴィなど80~90年代のハードロックバンドのアイテムが並ぶ個室
3つの個室にも「メモラビリア」が展示。画像は、MR. BIGやボン・ジョヴィなど80~90年代のハードロックバンドのアイテムが並ぶ個室(提供画像)

また、リニューアルを機に、おなじみのギターネオン看板もブルーに生まれ変わりました。

みなとみらいの象徴・ギターネオン看板もブルーに
みなとみらいの象徴・ギターネオン看板もブルーに

実はみなとみらい21地区では、大きな看板の設置が禁止されているのですが、ハードロックカフェ 横浜のギターネオン看板はみなとみらいの象徴として許されているそうです。

次ページ
横浜店限定のローカルバーガーは「文明開化」がイメージ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化