鎌倉銘菓「クルミッ子」でおなじみの鎌倉紅谷が鎌倉・小町エリアに新店舗「小町横路店」をオープン!

鎌倉銘菓「クルミッ子」でおなじみの鎌倉紅谷が鎌倉・小町エリアに新店舗「小町横路店」をオープン。鎌倉市内3店舗目で広々とした建物です。当面は物販のみ、4月からイートインがスタート予定。

鎌倉銘菓「クルミッ子」でおなじみの鎌倉紅谷が、2024年2月5日に鎌倉市内に新店舗をオープン。先駆けて行われた内覧会にお招きいただいたので、どんなお店なのか紹介します(画像は筆者撮影、一部提供。記載の価格は税込)。

「鎌倉紅谷 小町横路店」について

2024年2月5日にオープンする「小町横路(こまちよこみち)店」外観
2024年2月5日にオープンする「小町横路(こまちよこみち)店」外観

鎌倉紅谷は、1954年10月に鎌倉市雪ノ下にある北条泰時小町邸跡地で創業。2024年は創業70周年を迎えます。

2月5日にオープンする「小町横路(こまちよこみち)店」は、鎌倉市内3店舗目(※)。店舗面積は約200平方メートルと、同社店舗では市内最大を誇ります。※2024年4月1日まで八幡宮前本店は改装のため休業中

場所は、鎌倉駅から小町通りを鎌倉八幡宮方面へ進み、鎌倉聖ミカエル教会の角を左手に進んでいったところ。店名には、いつもにぎわう小町通りから横道に入った場所で、お客さまに静かに過ごしてもらいたいという思いが込められています。

木の温もりを感じられる店内

ゆったりとした物販スペース
ゆったりとした物販スペース

建物の前には広く芝生スペースがとられています。店内に入ると天井が高く、ゆったりとした雰囲気。内装の柱や梁には松の木を使用しており、木の温もりを感じられる空間です。入口を入って右手が物販スペースとなっています。

実はこの建物は、横浜のチョコレートブランド「VANILLABEANS(バニラビーンズ)」が手掛けたもの。2019年2月にオープンしましたが、2020年10月からコロナ禍で休業、残念ながら再開かなわず2023年7月に閉店となりました。筆者はオープン当時に取材させていただいたので、動向が気になっておりました。

シンボルツリーとともにお店も成長
シンボルツリーとともにお店も成長

当時の取材で印象に残っているのは、建物の真ん中のシンボルツリー「シマトネリコ」。「お店とともに成長できるように」との思いを込めて植えられたものと伺いました。その思いを受け継ぎ、「鎌倉紅谷 小町横路店」とともに成長してくれることでしょう。

当面は物販のみで営業

看板商品の「クルミッ子」は70周年記念ロゴマーク入り(2024年秋ごろまで)
看板商品の「クルミッ子」は70周年記念ロゴマーク入り(2024年秋ごろまで)

2月5日のオープンから、しばらくは物販のみの営業となります。

人気商品の「クルミッ子」(5個入り810円~)はもちろん、製造時に出る「クルミッ子」の切り落とし(1242円)、パウンドケーキ生地に練乳ソースを染み込ませ、スライスアーモンドを散りばめた「あじさい」(3枚入り497円~)、イチョウの葉をかたどったサブレ「鎌倉だより」(6枚入り594円~)などを取り扱います。

VANILLABEANSと鎌倉紅谷とのコラボ商品「ショーコラ クルミッ子」「フィグフロマージュ」はなくなり次第終了
VANILLABEANSと鎌倉紅谷とのコラボ商品「ショーコラ クルミッ子」「ショーコラ フィグフロマージュ」(単品540円、各種4個入2214円)はなくなり次第終了
70周年記念トートバッグ(2200円)などのオリジナルグッズも販売(なくなり次第終了)
70周年記念トートバッグ(画像中央、2200円)などのオリジナルグッズも販売(なくなり次第終了)

また、オープン記念として、クルミッ子8個入りにクルミッ子のミニチュアフィギュアをセットした商品(1620円)も各日数量限定で販売されますので要チェック。

右:ミニチュアフィギュア 左:クルミッ子8個入(提供画像)
左:ミニチュアフィギュア 右:クルミッ子8個入(提供画像)
次ページ
4月19日にはカフェスペースがオープン予定!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴