『ブルーモーメント』で“完全復帰”なるか!? 海外進出を経た「山下智久」、俳優としての魅力を徹底解説

『ブルーモーメント』で主演を務める山下智久さんについて、元テレビ局スタッフが俳優としての魅力を解説。過去に出演したドラマや映画を振り返りつつ、今後の山下さんの活躍を予測していきます。(サムネイル画像出典:『ブルーモーメント』公式Webサイト)

山下智久さんが、ついに俳優として本格的に復帰します。山下さんは、2024年4月24日からスタートする、『ブルーモーメント』(フジテレビ系)で民放ドラマとして5年ぶりに主演を担当。2024年はすでに『正直不動産2』(NHK総合)に出演していますが、民放ドラマの主演ということで、ワクワクしているファンも多いことでしょう。

そこで、今回は『ブルーモーメント』の放送に備え、山下さんの俳優としてのこれまでの活躍を振り返っていきたいと思います。

山下智久のプロフィールを再確認

1985年4月9日生まれの山下さんは、1996年から旧ジャニーズ事務所(現STARTO ENTERTAINMENT)に所属。NEWSのメンバーとしてメジャーデビューするなど、端正なルックスを生かしてアイドル、歌手として知名度を上げました。

俳優として脚光を浴びたのは、2000年に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)です。現在でもファンが多いドラマで、山下さんはシュン(水野俊司)役で出演。アニメオタクの専門学生という、美しいビジュアルからは想像できない役となりました。
『池袋ウエストゲートパーク』
『池袋ウエストゲートパーク』(画像出典:Amazonより)
重要な役目を担う主要キャラクターで、内気で繊細なシュンを丁寧に演じます。『池袋ウエストゲートパーク』での演技が認められ、山下さんは新人として評価を得ました。

『野ブタ。』で俳優としてブレーク!

そして、大ブレークを果たしたのが2005年放送のドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)です。亀梨和也さんとW主演を果たし、2人が組んだユニット「修二と彰」のシングル『青春アミーゴ』は、累計160万枚以上という大ヒットを記録。国民的な人気を得ることになります。
『野ブタ。をプロデュース』
『野ブタ。をプロデュース』(画像出典:TVer
山下さんが演じた草野彰は、独特な口癖を持つかわいらしいキャラクターながら、自分の信念に従って行動する魅力ある役でした。亀梨さんが演じた桐谷修二とのコンビネーションも良く、演技力の高さを証明することになります。
次ページ
俳優として大ヒットドラマに次々出演
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」