令和ロマンの「テレビ出演を断っている」発言が物議。新世代のM-1王者がテレビ出演を重視しないワケとは

令和ロマンの高比良くるまさんが、「テレビ出演を基本的に断っている」と発言し大きな話題を集めています。この記事では、『M-1グランプリ』の王者とテレビの関係について、元テレビ局スタッフが考察を行っていきます。(サムネイル画像出典:M-1グランプリ公式Xより)

令和ロマン
画像出典:M-1グランプリ公式X

2023年末に放送された、『M-1グランプリ2023』(テレビ朝日系)で見事に優勝したお笑いコンビ・令和ロマン。緻密に計算された漫才で爆笑を巻き起こし、第1回大会の中川家以来となるトップバッターでの優勝を達成しました。

【こちらも読む→M-1を制した結成5年コンビ「令和ロマン」の“貫禄と戦略”

そんな令和ロマンの高比良くるまさん(※高は「はしごだか」)が、NON STYLE・石田明さんのYouTubeチャンネルに出演し、「テレビ出演を基本的に断っている」と明かして話題を集めています。
 

確かにこれまでのM-1王者から比べると、優勝後にテレビ出演が少ない傾向にある令和ロマン。くるまさんの発言によりさまざまな意見が飛び交っている中で、改めて芸人とテレビの関係について、元テレビ局スタッフの筆者が考察してみたいと思います。

『M-1グランプリ』は芸人たちが夢をつかむコンテストに

現在のお笑い界において、もっとも権威があるコンテストは紛れもなく『M-1グランプリ』でしょう。優勝コンビだけでなく、決勝に残った芸人たちは番組の放送終了後にテレビ出演が多くなる傾向にあります。
 
例を挙げれば、2021年、2022年に優勝した錦鯉やウエストランドは、翌年からテレビ出演が劇的に増え一気に大ブレークを達成。2007年王者のサンドウィッチマンも、M-1での活躍をきっかけに、現在の国民的な人気を獲得したといえるでしょう。また、優勝できなかったものの、南海キャンディーズやオードリー、おいでやすこがなどM-1での活躍でブレークした芸人は多く存在します。

『M-1グランプリ』は、視聴率や注目度が高いコンテストであり、ブレークのきっかけを獲得した先人たちがいたことで、芸人だけでなく視聴者も「M-1で活躍すればブレークする」という認識を持ちました。ファンも芸人も、『M-1グランプリ』で活躍するとテレビ番組にたくさん出演し大ブレークする、という構図が普通のことだと思っています。

ゴールデン帯で番組が放送される『M-1グランプリ』は、活躍すればすぐに人気を獲得できる魔法のようなコンテストになっています。

賛否両論も……令和ロマン×人気YouTuberコラボの真意とは

そんな『M-1グランプリ』だからこそ、令和ロマン・くるまさんがテレビ出演を「基本的に断っている」と発言したことで、物議を醸しているわけです。

ちなみに、くるまさんの発言を解説すれば、テレビを作っているのは自分たちより上の世代であり、熱量がその世代と合わないので出演する番組を選んでいるという内容になります。動画を見れば、テレビを否定しているわけではなく、自分たちに合った番組に出演したいと考えていることが分かります。

【実際の動画:高比良くるま×石田明の対談動画を見る】

現に令和ロマンは、『ラヴィット!』(TBS系)に木曜レギュラーとして加入し、2024年4月から隔週で出演。その他にも、それぞれがテレビ番組へ出演しており、決して「テレビを毛嫌いしている」という印象はありません。
 
ただ、錦鯉、ウエストランドと比べてもテレビ出演が少ないのは事実。そこで、優勝後に忙しいはずの令和ロマンは何をしているのかといえば、YouTubeチャンネル「official令和ロマン【公式】」を中心に、人気YouTuberたちとのコラボを進めています。

コラボ相手を巡って賛否両論が巻き起こっていますが、SAWAYAN GAMES、料理研究家リュウジのバズレシピなどと動画を撮影。女性3人組YouTuber・ヘラヘラ三銃士とのコラボ動画も配信し、話題となりました。
 
YouTuberではないものの、事務所の“先輩”であるカジサックとのコラボも早期に実現。吉本興業の先輩たちのYouTubeチャンネルへの出演も多く、テレビより頻繁に動画サイトで令和ロマンを見かけます。また劇場出演も多く、ライブでさらに漫才の腕を磨いている印象です。

令和ロマンがテレビとYouTubeの“架け橋”に?

くるまさんの発言を踏まえれば、テレビ出演で費やす時間の代わりに、自分たちが興味のあるYouTuberや芸人の先輩との交流を増やし、新たなお笑いの形を生み出そうとしているように感じます。だからといってYouTuberになるわけでなくテレビ出演も行い、若手世代のお笑い芸人にとっての“最良のバランス”を図っているように感じます。

くるまさんが「テレビは“上の世代”が作るもの」と言ったように、芸人の世界では40代ですら“若手”扱いされることも。明石家さんまさんが60代後半、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンは60歳近辺の年齢です。“真の若手”としてはM-1王者の霜降り明星が奮闘していますが、なかなか20代、30代がチャンスをつかみづらい状況なのは事実。そんな現状に風穴を開ける努力より、令和ロマンはテレビと共存しながら、YouTubeやネット配信番組でもファンを増やそうとしているのでしょう。

今回、くるまさんの発言がセンセーショナルにマスコミで取り上げられ、令和ロマンがテレビを切り捨てたと勘違いされています。それは誤解で、テレビだけではないM-1王者の活躍の道のりを、作り出そうと試行錯誤しているのではないかと考えます。

また、テレビでは現在まで世間で話題になっているYouTuberとのうまいコラボが実現していません。フワちゃんらの活躍はあるものの、ゴールデン帯で活躍したり、ヒット番組を作っているYouTuberは皆無。人気を誇るコムドットも、レギュラー番組『コムドットって何?』(フジテレビ)で挑戦しながら、思った活躍ができませんでした。

令和ロマンは、M-1王者という看板を使い、テレビとYouTubeの架け橋になる取り組みも行うのではないかと考えます。くるまさんは、YouTube動画でも常にお笑い界の未来を考えていると発言。今後はテレビでも活躍できるYouTuberの発掘を行っていき、テレビ界に革命を起こすつもりなのではないかと予測します。
次ページ
令和ロマンだけじゃない。あのM-1王者も……
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在