のん(能年玲奈)、スカートから色気あふれる生脚披露! カルティエバッグとのコラボでモデルショット

ファッションメディア「The Fashion Post」の公式Instagramが、3月26日に投稿を更新。俳優・アーティストののん(能年玲奈)さんの色気あふれる姿を披露しています。(サムネイル画像出典:「The Fashion Post」公式Instagramより)

ファッションメディア「The Fashion Post(ザ・ファッションポスト)」の公式Instagramが、3月26日に投稿を更新。俳優・アーティストののん(能年玲奈)さんの色気あふれる生脚ショットを披露し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:のん、色気あふれる生脚ショット!】

カルティエのバッグ「トリニティ」と

同アカウントは「のんが出合うカルティエのバッグ『トリニティ』 vol.4」と題し、ピンクのツーピースを着たのんさんが横たわるショットなど、4枚の写真をアップしました。色気あふれる生脚ショットと、そばで存在を際立たせる「トリニティ ショルダーバッグ」がすてきな写真です。

さらに「誕生から100年を迎えた普遍的なアイコンが巧みにデザインへと落とし込まれたバッグは、いつまでも色褪せることのないモダンな魅力を放つ。なめらかな手触りのカーフのグレインレザーは、持つ人の身体にしっくりと馴染み、肩がけからクロスボディまで変幻自在」と、バッグの特徴をコメント。モデルを務める、のんさんとの相性もよさそうですね!

たびたびカルティエバッグとコラボショット

同アカウントは、15日から計4本、のんさんとカルティエのバッグのショットを投稿しています。気になる人は、ぜひチェックしてみてください。
 
次ページ
のんさん×カルティエをもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も