実在しない「阪東橋」が、なぜ駅名に? 実はグルメの宝庫、ブルーライン「阪東橋駅」周辺を歩いてみた

横浜市営地下鉄ブルーラインでは比較的マイナーな駅の阪東橋駅。「阪東橋」という橋は存在するのか、どんな街並みが広がっているのか、その疑問を探るべく、駅周辺を歩いてみました。

横浜市営地下鉄ブルーラインでは比較的マイナーな駅の阪東橋駅。「阪東橋」という橋は存在するのか、どんな街並みが広がっているのか、その疑問を探るべく、駅周辺を歩いてみました(画像は全て筆者撮影)。

現在は「阪東橋」という橋は存在しない

横浜市営地下鉄ブルーライン「阪東橋駅」周辺を歩いてみた!
横浜市営地下鉄ブルーライン「阪東橋駅」周辺を歩いてみた!

横浜市営地下鉄ブルーラインの駅名になっている「阪東橋」ですが、現在は橋としての「阪東橋」を見ることはできません。

横浜市道路局橋梁(きょうりょう)課の資料によると、大通り公園のある場所には以前、吉田川と新吉田川が流れていました。1923年に発生した関東大震災により吉田川・新吉田川に架かる橋梁(きょうりょう)は被災。復興事業で架替えが行われ、1926年に「阪東橋」という橋が新設されました。

その後、1965年に横浜市六大事業が策定され、吉田川・新吉田川の地下部分には横浜市営地下鉄、地上部分には大通り公園の整備が進められます。これに伴い、1973年までに吉田川・新吉田川は埋め立てられることになり、阪東橋も撤去されました。

現在の駅がある場所に阪東橋があったことから、駅名となったそうです。

昭和の雰囲気が残る、横浜橋通商店街

全長約350メートルのアーケードが続く、横浜橋通商店街
全長約350メートルのアーケードが続く、横浜橋通商店街

阪東橋駅1A出口から東へ200メートルほど進むと、横浜橋通商店街の入り口が見えてきます。

横浜橋通商店街は「いきな下町」をキャッチフレーズにした庶民的な商店街。全長350メートルに及ぶアーケード通りを中心に、生鮮食料品や総菜、日用雑貨を扱う約130の店舗が軒を連ねています。戦前から続く商店街で、今も昭和の雰囲気が残っています。

創業120年超の「横濱そば処 江戸藤」もアーケード街に軒を連ねる
創業120年超の「横濱そば処 江戸藤」もアーケード街に軒を連ねる

横浜橋も阪東橋同様、かつて新吉田川に架かっていた橋の名前で、現在は見ることができません。

アーケード通りの真ん中付近の路地には金刀比羅大鷲(おおとり)神社があります。11月の「酉の市」では、縁起物の熊手を買い求める人と露店が通りを埋めつくします。

大衆演芸の芝居小屋「三吉演芸場」がある三吉橋通り商店街
大衆演芸の芝居小屋「三吉演芸場」がある三吉橋通り商店街

近隣には、三吉橋通り商店街と医大通りもあり、それぞれ老舗が軒を連ねています。

中華「うらふね」やイタリアン「まろん」など地元で人気の飲食店が並ぶ「医大通り」
中華「うらふね」やイタリアン「まろん」など地元で人気の飲食店が並ぶ「医大通り」
次ページ
絶品おすすめ! 阪東橋グルメ(ラーメンからスイーツまで)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」