「2024年冬ドラマで演技が光っていたと思う男性俳優」ランキング! 2位「チェ・ジョンヒョプ」、1位は?

「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、10~50代以上の男女100人に「2024年冬ドラマで演技が光っていたと思う男性俳優」のアンケート調査を実施。2位「チェ・ジョンヒョプ」さんを抑えた1位は?(サムネイル画像出典:ドラマ『Eye Love You』公式Instagram)

エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、俳優に関するアンケート調査結果を公表しました。同調査は、全国10〜50代以上の男女100人を対象にインターネット上で実施(調査期間:2024年3月5〜12日)。調査結果から「2024年冬ドラマで演技が光っていたと思う男性俳優」ランキングの結果を紹介します。

>9位までの全ランキング結果を見る

2位:チェ・ジョンヒョプ

2位は日本人と韓国人カップルの恋を描いたラブコメディー『Eye Love You』(TBS系)で主人公・本宮侑里(二階堂ふみさん)と運命的な恋をする韓国人留学生のユン・テオを演じた、チェ・ジョンヒョプさんでした。

目が合うと相手の心の声が聞こえてしまう“テレパス”の能力を持つ侑里に、ストレートな気持ちをぶつけていく年下のテオ役が話題になりました。陽気な愛されキャラで、たどたどしい日本語でストレートに愛を伝える“テオくん”を演じたチェ・ジョンヒョプさん。これから日本で見かけることも増えそうです。

回答者からは以下のようなコメントがありました。

「この俳優さんをみるのはわたしは初めてなのですが、韓国人のストレートさや言葉の壁もこえて気持ちなどをぶつけて行く素直さなどをとても爽やかに好感度よく演じているところが光ってます」

「韓国のドラマはよく見ますが、韓国の俳優さんを日本のドラマで見たことがなく、どうなるのか楽しみにしていましたが、韓国ドラマによく出ている俳優さんだけあって、つたない日本語ではありますが、表情が豊かで言葉が伝わっていなくても、表情だけで気持ちが読み取れたので、今期とても光っていると思いました」

1位:阿部サダヲ

1位は、宮藤官九郎さん脚本のタイムスリップコメディー『不適切にもほどがある!』(TBS系)の主人公・小川市郎を演じた、阿部サダヲさんでした。

昭和のダメおやじ・市郎が令和にタイムスリップし、昭和目線の「不適切」発言で令和の停滞した空気をかき回します。痛快すぎるスカッと展開が話題を呼び、毎週ネットニュースをにぎわせました。口は悪いながらも、1人娘の純子に対する愛情あふれた奥深い演技も注目を集めたようです。

回答者からは以下のようなコメントがありました。

「勢いがあって面白いだけでなく、切なさや愛おしさをきちんと表情で表現していて、さすがだなと感じられたから。作品を阿部サダヲ色に染めて、作品の面白さをより高めているように思うから」

「阿部さんの演技は最高です。真面目な顔して面白さが抜群で、お顔も今風ではなく昭和のおじさん風なので、この作品は阿部さんが適任だと思います。セリフに魂がのっているので、これがまた演技に吸い込まれてしまいます」

「シリアスも面白い場面もどちらも間が完璧。池袋ウエストゲートパークや木更津キャッツアイなどクドカン作品には欠かせない存在で、今回は主役、しかもドラマでとっても嬉しかったです。しんみりしたり笑わせてくれたり…毎週金曜が楽しみです」

※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは