「爆笑が止まらないギャグドラマ」ランキング! 2位は『勇者ヨシヒコ』シリーズ、1位は?

「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、10~50代以上の男女100人にドラマについてのアンケート調査を実施。2位『勇者ヨシヒコ』シリーズを抑えた1位は?(サムネイル画像出典:Amazon)

エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、ドラマに関するアンケート調査結果を公表しました。同調査は、全国10〜50代以上の男女100人を対象にインターネット上で実施(調査期間:2023年10月10日〜11月17日)。調査結果から「爆笑が止まらないギャグドラマ」ランキングの結果を紹介します。

>8位までの全ランキング結果を見る

2位:勇者ヨシヒコ

勇者ヨシヒコシリーズ(画像出典:Amazon)
『勇者ヨシヒコ』シリーズ(画像出典:Amazon
2位は『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)でした。「ローコスト冒険ドラマ」と銘打たれた、コメディー作品に定評のある劇作家・福田雄一さんの脚本、監督作品です。『勇者ヨシヒコと魔王の城』『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』『勇者ヨシヒコと導かれし七人』の3章まで放送されました。

若く純粋な主人公・ヨシヒコ(山田孝之さん)が勇者に選ばれ旅に出るという、どことなく見覚えのあるようなRPGコメディー。実は製作に名作ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの発売元スクウェア・エニックスも「ちょっぴり」協力しているそうです。

道中で出会った仲間には宅麻伸さん、木南晴夏さん、ムロツヨシさん、また仏役で佐藤二朗さんが登場しています。

回答者からは以下のようなコメントがありました。

「ドラクエの実写パロディドラマなのですがゲームをしていてこうゆうところあったなどクスリと笑えるところもあり主役の山田孝之さんの演技もうまく役にはまっており肩肘張らずみていられるドラマです」

「とにかく役者陣が豪華です!豪華なキャストに対して、製作費いくら?!と思うようなチープな編集なのが面白いです。脚本もとても面白いと思いますし、それを見事に演じきる演技力がまた面白いです」

1位:今日から俺は!!

今日から俺は!!(画像出典:Amazon)
『今日から俺は!!』(画像出典:Amazon
1位は『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でした。西森博之さんによる同名の漫画作品が原作で、2位の『勇者ヨシヒコ』シリーズと同じく、福田雄一さんが脚本の作品です。

舞台は架空のヤンキー高校・軟葉高校。転校してきた主人公・三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(伊藤健太郎さん)ら不良たちの日常を、ギャグを交えて描いています。清野菜名さんや橋本環奈さんも登場して人気を博し、2020年には劇場版も公開されました。

回答者からは以下のようなコメントがありました。

「主人公の賀来賢人の演技が振り切れていて、さらにムロツヨシ、仲野太賀、佐藤二朗、吉田鋼太郎の演技なのかアドリブなのかわからない状態のシーンが最高に面白く、本人たちもアドリブを楽しんでいるのがわかるのも面白いからです」

「不良漫画をドラマ化したもので不良漫画の醍醐味である男たちのケンカバトルもありながら、ギャグ要素もある所々に散りばめられており、笑い無しには見るとこができない作品です」

「マンガが原作なのですが、リアルにツッパリやヤンキーの髪型を再現するとコミカルに仕上がって毎話楽しみに見てました。アイドル系女優の橋本環奈ですらヤンキー役がハマっていたので続編も期待してます!」

※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由