『光る君へ』第11話 柄本佑“道長”、吉高由里子“まひろ”に再びフラれ暴挙に「つらすぎる」の声続出

3月17日に放送されたNHK大河ドラマ『光る君へ』第11話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト)

吉高由里子さんが主演するNHK大河ドラマ『光る君へ』。3月17日に放送された第11話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第10話)のあらすじはこちら

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト

第11話のあらすじ

兼家(段田安則)の謀略により花山天皇(本郷奏多)が退位し、為時(岸谷五朗)は再び官職を失うことに。まひろ(吉高由里子)は左大臣家の娘・倫子(黒木華)に父が復職できるよう相談するも、摂政となった兼家の決定はすなわち帝の決定であり覆すことはできないと断られます。諦めきれないまひろは兼家に直談判に向かうも、すげなく追い返される始末。

そんなまひろの姿を偶然見かけた道長(柄本佑)は、まひろを案じつつも、彼女に言われたように政で頂を目指すと心に決め、次第に引き締まった表情を見せるように。そんな中、兼家の孫・懐仁親王(高木波瑠)の即位式で、幼子の生首が置かれる事件が発生。道長は目撃者らに口封じし、ちゅうちょなく血を自らの袖で拭って何事もなかったかのように即位式を進行。一条天皇が無事即位し、息子らも出世させ栄華を極めんとする兼家は、道長の選択を満足気に称えます。

一方、生計を立てるため仕事をしようと考えていたまひろは、父の盟友であり親戚の宣孝(佐々木蔵之介)から婿をとるよう助言を得るも妾になるのは本意ではなく。使用人に暇を出し自ら家のことをやり始めます。まひろの様子を見に来た道長は、まひろの従者・乙丸(矢部太郎)に「いつものところで待っている」と伝言を託します。

かくして再び逢瀬を重ねた道長とまひろ。互いに強く求めあうように口づけを交わすと、道長はまひろに「妻になってくれ」と告白。しかし正妻である“北の方”ではなく妾として。不服を訴えるまひろに対し、ついに道長の怒りが爆発。「遠い国には行かない、政で頂を目指せ、北の方にしろ……勝手なことばかり言うな!」――そう吐き捨てた道長はまひろの元を去り、兼家に頼み事があると切り出し――。

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト

道長からの告白を二度も断ったまひろに賛否

道長はまひろの意をくんで政で頂を目指し、自分の置かれた家柄で求められる役割も果たしながら、彼女と一緒に生きられる道を考え探っている懸命さが分かるものの、「心では1番でも他に正妻がいるのは嫌だ」というまひろの本心もまた必定。互いに愛しく思い合っているのにもかかわらず、なかなかにままならない道長とまひろの恋がじれったくも切ない展開に。

まひろに二度告白し断られた道長の姿は、吉高由里子さん、柄本佑さんが共演した大石静さん脚本のドラマ『知らなくていいコト』(2020年、日本テレビ系)で、柄本さん演じる“尾高”が吉高さん演じる“ケイト”に「俺を二度もフルなよ」とバックハグで迫ったシーンをほうふつとさせるところもありました。余談ながら柄本さん、大石脚本で吉高さんにつくづくフラれっぱなしでは……。

X(旧Twitter)では、「まひろが道長に会いに行く場面の劇伴は過剰にトレンディだったな(笑)」「これから偉くなる!偉くなって世を変える!一緒に!って覚悟を決めたのに……そりゃ道長、『結婚相手?タイプとかどうでもいいよ』になるよ(涙)」「三男として政治の頂点を目指すなら北の方の家柄は大事だもんねぇ…」「まひろの気持ちもわかるけど……君の親父、無位無冠じゃねぇか」「乙丸に頭を下げてまで会ったのに…道長ブチ切れて最後これって…」「毎話つらすぎるんだが?」「(道長を狙っている)倫子様と恋バナしてるまひろ見てるのツラいわ」などのコメントが続出しています。

第12話は「思いの果て」。まひろと決別した道長はかねてから持ち上がっていた倫子との縁談を進めるよう兼家に話す一方、姉の詮子(吉田羊)は藤原家との因縁が深い明子(瀧内公美)と道長の縁談を進めようと図ります。思い合いながらも進む道を異にしてしまう道長とまひろの物語がこの先どう展開していくのか、目が離せません。

『光る君へ』あらすじバックナンバー

第10話
第9話
第8話
第7話
第6話
第5話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化