『光る君へ』第10話 “道長”柄本佑דまひろ”吉高由里子、熱烈キスからの濡れ場に「ひっくり返った」

3月10日に放送されたNHK大河ドラマ『光る君へ』第10話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト)

吉高由里子さんが主演するNHK大河ドラマ『光る君へ』。3月10日に放送された第10話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第9話)のあらすじはこちら

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト

第10話のあらすじ

右大臣・兼家(段田安則)は道長(柄本佑)ら一族を巻き込んで、花山天皇(本郷奏多)を退位させ、孫の懐仁親王(高木波瑠)を即位させる計画に着手。一方、まひろ(吉高由里子)は家に帰ってこない父・為時(岸谷五朗)を案じ妾の家へ。身寄りもなく最期を迎えようとしている妾の看病をする為時の姿に心打たれるまひろ。

帰宅したまひろのもとに、道長から恋文が届きます。まひろを恋しく思う道長の思いがつづられた和歌に、漢詩で返事を送るまひろ。互いを愛しく会いたいと思う気持ちは同じ。文のやりとりが続いた後、2人はついに密かな逢瀬の時を迎えます。落ち合うなりまひろを抱きしめ、熱く口づけを交わす道長。

道長は「都を出て遠い国に行こう」と告白。地位も出世の道も捨ててまひろと生きたいと願う道長に対し、まひろもまた道長への思いを告白。しかしまひろは、直秀(毎熊克哉)のような無残な殺され方をしない、まっとうな世の中を政で作るのが道長の使命だと語ると、その姿を死ぬまで見届けると宣言します。道長と体を重ねたまひろは、幸せと悲しみの涙をこぼすのでした。

そうこうして訪れた兼家による陰謀の実行当夜。道兼(玉置玲央)は花山天皇を懐柔し、ひそかに出家させることに成功。万事うまく運び懐仁親王が即位すると、兼家は摂政に、道兼は蔵人頭に出世。慣例に倣いこれまでの官職は全て解かれることになったものの、その中には為時の姿もあり――。

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト

道長×まひろ、突然の濃密キス&ラブシーンに驚き

兼家から、クーデターが失敗した時に一族を守る命綱としての使命を与えられた道長。権力闘争から逃げたくて、まひろを逃げ道に利用しようとしたのでしょうか。道長のことは好きだけど駆け落ちはしない、政をする道長を一生見届けるというまひろの決意が、道長が今後歩んでいく道を定めたように思えました。

X(旧Twitter)では、2人の逢引きシーンにコメントが殺到。「道長いきなりのバックハグ、熱烈キスシーンにひっくり返りそうになった」「月明かりに照らされるキスシーン美しすぎる…」「大河ドラマでめっちゃえっちいキスシーンきたー」「まさか濡れ場あるとは思わないじゃんっっっ」「結ばれたのに真の意味では絶対に結ばれないのがつらい」「お互いを想う気持ちは一緒なのに見ているものが違った。冷静に理知的に判断できちゃうまひろの賢さが切ない」などの声が飛び交っています。

花山天皇の退位によって、再び官職を失うこととなった為時。まひろは父が復職できるよう、左大臣家の娘・倫子(黒木華)に口添えを頼むも断られ、兼家に直訴をしようとします。兼家の一族が栄華を極めようとする中、まひろにフラれた三男坊・道長はかねてから勧められていた倫子との縁談に乗ってしまうのでしょうか。道長とまひろの行く末から目が離せません。

『光る君へ』あらすじバックナンバー

第9話
第8話
第7話
第6話
第5話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化