みやぞん、愛犬「ラブ」との別れを報告「夜になるとしこたま涙が出る」「仕事をしていても身が入らない」

お笑いタレントのみやぞんさんが、愛犬との別れをファンへ報告。「今もきっと側にいる」「ラブは特に可愛かった」と温かいコメントが寄せられています。(サムネイル画像出典:「みやぞんチャンネル」)

お笑いタレントのみやぞんさんが3月13日、自身のYouTubeチャンネル「みやぞんチャンネル」を更新。13歳半の愛犬・ラブとの別れをファンへ報告しました。
 

【実際の動画:みやぞん、愛犬との別れを告白】

「ラブちゃんが天国に行きました」

みやぞんさんは動画冒頭で、「12月の頭ぐらいにですね、うちのラブちゃんが天国に行きました」と話し、自身が「心的に暗くなってるときだったもんで」と報告まで時間を要した理由も明かしています。
 

続けて、ラブはとても元気な犬だったものの、あるとき倒れてしまい、病院で検査を受けた結果、「悪性メラノーマっていう、ものすごく進行の早いがん」と診断されたと告白。続けて、「本当にね、苦しむことなく」「きれいな形でね」とも話しました。

「今ならちょっとこんな感じで話せるかな」

また、ラブのために犬用おやつを送ってくれるファンに、「心から感謝いたします」「報告の方、遅れて本当に申し訳ございませんでした」と謝罪もしています。そして、「今ならちょっとこんな感じで話せるかなっていうタイミングで。そのほかはもうダメですね。夜になるとしこたま涙が出るというか」「仕事してても、もうなんか頭が変というか。身が入らない」と、つらい胸中を語っています。
 

コメント欄には、「ラブちゃんのご冥福をお祈りいたします」「せめてラブちゃんが苦しまなくて良かった」「今もきっと側にいる」「ラブは特に可愛かった」「飼い主思いの良い子でしたね」「みやぞんとラブありがとう!」など、温かい声が相次ぎました。
 

動画の終盤でみやぞんさんは、知り合いから山に捨てられた野犬を飼わないかという打診もあると明かしています。ですが、13年以上にわたり連れ添ったラブを見送った悲しみを乗り越えて、次の犬を迎える決断にはまだ時間がかかる様子。「考え中でございます」と話していました。
 

次ページ
みやぞんさん&ラブのほっこりショットも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化