「僕らの天使」西川貴教、突然すぎる愛犬“あむ”との別れを報告。「ずっとずっとずっと愛してるよ」

歌手の西川貴教さんが12月18日、自身のTwitterを更新。愛犬“あむ”が虹の橋を渡ったとファンへ報告しました。ペットを亡くした人たちから、温かい声が相次いでいます。

歌手の西川貴教さんが12月18日、自身のTwitterを更新。愛犬“あむ”との別れを、ファンへ報告しました。
 

「もう少し一緒にいたかったですね」


西川さんは、「突然のご報告になりますが、あむが先天性の疾患が原因の事故により、この世を旅立ってしまいました。余りに唐突で、心の準備も覚悟もさせてもらえないまま、2年4ヶ月の瞬きの様な一生を駆け抜けていきました。短い間だったけど家族になってくれて本当にありがとう。ずっとずっとずっと愛してるよ」とつづり、あむの写真を公開しました。
 

白い犬用の服を着用し、あむがこちらを振り返る姿です。クリっとした大きな目で、キョトンとした表情をカメラに向けています。トリミングの直後に撮影されたのでしょうか。口や耳周りの毛もきれいに整えられています。
 

愛するペットを亡くした人たちから、「私も心の準備も出来ずだったのでお気持ち痛いほど分かります」「うちの子もつい1週間前に旅立ちました わんちゃんとも仲良く遊べる子なのでもしよければ仲良くしてくださいね」「こんなにも愛されていたのですから、本当に幸せだったと思います」と、温かい声が相次ぎました。そして、「もう少し一緒にいたかったですね」という飼い主の心の声を代弁してくれるようなコメントも上がっています。
 


また、西川さんは自身のツイートを引用し、「僕らはあむの虜でした。僕らがあまりにあむに夢中になり過ぎ、愛し過ぎているのを神様が憂い、あむをお空に呼び戻してしまわれました。利発で元気で、会う人全てを笑顔にしてくれたあむ。本当に本当に宝石の様な、まさに僕らの天使でした。ありがとう、パパ全力で生きるからね!ずっと見守っててよ!」と、あむへの思いをつづりました。
 

2年4カ月という時間は、振り返ればこんなこともした、あんなこともしたという思い出がたくさんあるのに、飼い主にとっては本当に一瞬です。西川さんの言うように、「心の準備も覚悟もさせてもらえない」状態で、ある日突然旅立たれた悲しみと喪失感を抱えながらも、「全力で生きる」と前を向く西川さんは、あむにとって最高のパートナーで飼い主だったのでしょう。あむが天国で仲間たちと楽しく駆け回ってくれることを、祈っています。
 


>次ページ:西川さんの投稿をもっと見る
 


【おすすめ記事】
ムツゴロウさん、約12年寄り添った愛犬との別れを告白「いつでもかわいかったルナ、ありがとう。忘れません」
松居直美、愛猫ハナちゃん「お空に行きました」と別れを報告「今頃、あちらでおばあちゃんに色んな事、報告してるでしょうね」
「一生の宝」沢村一樹、愛猫“まるのすけ”の旅立ちを報告「家族が見守る中静かに息を引きとりました」
鎧塚俊彦さん、亡き妻・川島なお美さんの意志引き継ぎ、動物保護に「もう一歩踏み出します」と表明「トシさんを応援しています!」温かい声続々

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応