『厨房のありす』第8話 晃生の死の真相を知った倖生とありす…思いやりがすれ違う2人に「泣けた」の声

2024年1月21日から放送がスタートしたドラマ『厨房のありす』。第8話のストーリーをおさらいし、今後の見どころを紹介します。(サムネイル画像出典:日本テレビ系『厨房のありす』公式サイト)

門脇麦さんが主演を務めるドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)が2024年1月21日からスタートしました。“カメレオン女優“とも称される門脇さんが自閉スペクトラム症(ASD)の天才料理人を見事に演じ、注目を集めています。この記事では、そんなこのドラマの第8話をおさらいし、今後の見どころやSNSでの反響についても紹介します。

>前回(第7話)のあらすじはこちら

第8話のあらすじ

倖生(永瀬廉)の父・晃生(竹財輝之助)の死の真相を心護(大森南朋)に尋ねるありす(門脇麦)と倖生。心護が口にしたのは、「晃生が横領の罪を着せられた」という言葉でした。以前、心護が「晃生を殺したのは自分だ」と伝えたのは、晃生の悩みに気付いてあげられなかった自責の念によるものだったようで……。

晃生が同性愛者だということを隠すためのカモフラージュとして自分が生まれたと考えていた倖生は、なぜ父親が死を選ばなければならなかったのか納得がいかない様子。しかし、心護はそれを否定し、晃生が倖生のことを本当に愛していたから無実の罪を被れなかったのだと伝えます。真実を知った倖生は、「俺のせいでお父さんが死んだ」と自分を責めます。

そんな倖生を心配するありすは、入院中の和紗(前田敦子)から「倖生を励ましてあげな」と助言され、和紗の家族に相談します。すると、その日は和紗の息子・虎之助(三浦綺羅)のクラスの社会科見学で、子どもたちが「三ツ沢工務店」にやって来ます。子どもたちを前に張り切る金之助(大東駿介)。定一郎(皆川猿時)の言葉も相まって、ありすは父親の生態に興味を持ちます。

一方の倖生は、父の死の真相から立ち直れず、仕事もままならない様子。そんな倖生に、ありすは“父親の生態”に関する知識を次々に披露します。ありすの謎の行動が和紗の助言によるものだと気付いた倖生は、和紗のもとへ。そこで、ありすが相当悩んでいたことを知った倖生は、和紗の提案を受けて「元気に振る舞う」ようにしてみるのです。

そんな中、五條製薬では蒔子(木村多江)が担当する入眠剤の開発に向けて、臨床試験の真っ最中。ある日、オフィスに臨床試験を担当している医大の柳田医師(半海一晃)が現れて、気になる数値があると蒔子に伝えます。蒔子が詳しく話を聞いていると、柳田から数値の改ざんを持ち掛けられるのです。蒔子が断ると、柳田は10年前の改ざんをネタにゆすり始め――。

無理に明るく振る舞う倖生に違和感を覚えたありす。倖生を励ましてあげようと、蒔子のアドバイスを参考に、水族館デートに誘い出します。しかし、そこでも無理に明るく振る舞う倖生を見て、ありすは「嘘の笑顔は嫌いです」と正直に伝えます。ありすのために元気になろうとしていた倖生は、その言葉に苛立ちを見せ、2人は言い合いに……。
画像出典:日本テレビ系『厨房のありす』公式サイト
画像出典:日本テレビ系『厨房のありす』公式サイト
社会科見学がきっかけで、虎之助が通う学校で飼っているウサギの小屋を造ることになった金之助。その作業も大詰めを迎え、いっそう張り切る金之助でしたが、腕の異変を和紗に察知されるのです。

右腕を固定した状態で帰宅した金之助。和紗が倒れた日、慌てて転んだ拍子に木材が倒れてきたのが原因で、腕の骨にヒビが入ってしまっていたのです。しかし、ウサギ小屋の完成までどうにかやり遂げたい思いの金之助。定一郎(皆川猿時)の反対にも耳を貸さない様子に、自分の父親の姿と重ねた倖生が自論を熱く展開するのです。

その翌日、「ありすのお勝手」に百花(大友花恋)がやって来ます。これまでのありすへの失礼な言動を詫びる百花でしたが、倖生への思いに弱気になるありすを見て、再びヒートアップ。しかし、最後はありすのおいしい料理で、2人は仲直り。「自分ができないことは他の人に任せたらいい」という百花の言葉に、ありすは何かをひらめきます。

ある夜、おでんの屋台に呼び出された倖生と金之助。その屋台には、心護と定一郎も呼ばれていました。その仕掛け人は、ありす。百花の言葉をおでんに例えたありすは、熱々のおでんを振る舞いながら、金之助にみんなの力を借りていいということを伝えるのです。

一方、五條製薬の火災事故を調べていた百花は、再び心護と誠士(萩原聖人)の密会現場を目撃。そこで耳にした「ありすの母親は殺された」という衝撃の事実をありすに伝えます。25年前の火事と横領事件、2つの事件がつながり出して――。
 

今後の見どころとSNSでの反響

「父親の存在」がテーマとなった第8話。ありすと倖生、お互いを思いやる気持ちがすれ違うシーンには、見ていて切ない気持ちになった人も多いのではないでしょうか。

放送を終えて、X(旧Twitter)では「ありすの言葉には嘘がない。人の気持ちを素直に感じるから、それをちゃんと伝える。だから胸に響くんだよね。倖生くんの心にも届くんだ」「見守ることしかできないけど、倖生くんにもありすにも幸せになってほしい」などの声が寄せられています。

3月17日放送の第9話では、ありすと倖生が「横領と火事」2つの事件の謎に迫ることに。隠された真実を暴き出そうとする2人に、さらなる衝撃の事実が待ち受けているようで、次回も目が離せません!
画像出典:日本テレビ系『厨房のありす』公式サイト
画像出典:日本テレビ系『厨房のありす』公式サイト

『厨房のありす』あらすじバックナンバー

第7話
第6話
第5話
第4話
第3話
第2話
第1話

この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化