【King & Prince 高橋海人】カメレオン俳優としての進化が止まらない! 多才なアイドルの新たな可能性

2024年4月からテレビ東京系で放送されるドラマ、『95(キュウゴー)』の主演を担当するKing & Princeの高橋海人さん。この記事では、高橋さんのこれまでの仕事を振り返り、俳優・アイドルとしての魅力に迫っていきます。(サムネイル画像出典:King & Prince公式Instagramより)

King & Princeの高橋海人さんが、2024年4月スタートのテレビ東京系で放送される開局60周年連続ドラマ『95(キュウゴー)』で、同局にて初主演を飾ることが発表されています。King & Princeは、メンバーの脱退などさまざまな出来事がありましたが、そんな中でも高橋さんは俳優として躍進。話題作に次々と出演し、高いレベルの演技が評価を得ています。

この記事では、元テレビ局スタッフの筆者が、高橋さんのこれまでの仕事を振り返りつつその魅力に迫っていきたいと思います。

※「高」ははしごだか

▼こちらも読む
【King & Prince 永瀬廉】“繊細な青年役”を演じさせたら日本一!? 色気ダダ漏れアイドルに更なる注目

漫画、バラエティー、ダンス……多彩な才能を発揮

まず、高橋さんのプロフィールをおさらいしていきます。高橋さんは1999年4月3日生まれで、「Mr.King vs Mr.Prince」が結成された際に、「Mr.King」のメンバーに選抜されます。そして、2018年5月には「King & Prince」のメンバーとしてCDデビューを達成。かわいらしいルックスと、最年少で甘えん坊なキャラで一気に人気を獲得します。

グループが大ブレークしていく中で、他のメンバーとは少し違った仕事を担当。2019年には、漫画誌『ベツコミ』で、旧ジャニーズ事務所では初の少女漫画家デビューを達成します。また、『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)には2018年から出演し、番組にはなくてはならない存在に。

さらに、パフォーマンスレベルが高いメンバーの中でも、特にダンスが得意でコンサートや歌番組で大活躍。高橋さんは、プロのもとでダンスを習ったこともあり、事務所に所属する前は、多くの大会で好成績を記録したそうです。長い手足を使い、キレのあるダンスを披露してファンを常に魅了し続けました。
 
かわいらしいビジュアルとのギャップもあり、他のアイドルグループのファンからも注目を集めることになります。

かわいらしい弟役に視聴者も胸キュン

漫画家デビューやバラエティ番組、コンサートで活躍した高橋さんは、俳優業でも活躍することになります。まず、演技が注目されたのが、2020年10月期に放送されたドラマ『姉ちゃんの恋人』(関西テレビ・フジテレビ系)です。
  主演は有村架純さんが務め、高橋さんは弟の安達和輝を担当。両親の代わりに育ててくれた有村さん演じる桃子を尊敬し、姉の幸せを常に心から願って行動する和輝の姿が感動的に描かれているドラマです。

高橋さんは、このドラマで感受性が豊かな和輝を丁寧に演じて、視聴者をとりこに。制作秘話として高橋さんが勉強熱心だったことが明かされるなど、『姉ちゃんの恋人』を経て、俳優としても成長を見せることになります。有村さんとのコンビネーションも良く、俳優としてのファンも急増。

カメレオン俳優として一気に飛躍!

そして、その勢いのままに2021年4月には『ドラゴン桜 第2シリーズ』(TBS系)に出演。この人気ドラマで高橋さんは瀬戸輝を演じるのですが、この役は問題が多い生徒の中でもずば抜けて難しいキャラでした。
  瀬戸は、ラーメン店の息子ながら両親を亡くし、1人でお店を切り盛りする姉を手伝いながら勉強する生徒。しかも、姉が借りてしまった闇金からの借金が原因で嫌がらせをされ、どん底の生活の中で勉強を続けます。

さまざまな葛藤を抱えながらも、阿部寛さんが演じる桜木建二の助けを得て東京大学を目指すことに。ドラマの中では、追い込まれた精神状態の瀬戸が号泣しながら桜木と心を通わせるシーンがあります。迫真の演技を高橋さんは見せ、演技力の高さを知らしめることに成功。同作品で名シーンを連発し、俳優として高評価を得ることになりました。

その後、『未来への10カウント』(テレビ朝日系)では先輩である木村拓哉さんと共演。優秀でひたむきな、ボクシング部の部長を演じたかと思えば、『ボーイフレンド降臨!』(テレビ朝日系)で主演を務め、謎多き記憶喪失の青年・アサヒを演じます。映画『アキラとあきら』にも出演するなど、どの作品でも全く異なるキャラクターを演じます。

それぞれのドラマで強烈な個性を持つ俳優と共演しながら、高橋さんは光る演技を見せ存在感を発揮。着実に成長している姿を、ファンだけでなくテレビや映画の関係者にも知らしめます。
次ページ
ベテラン俳優からの太鼓判も!?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選